monokoyomi

地味な暮らしの雑記帳・ゆるく物を減らしています

訪問  

ちょっと遠くまで行ってきた話
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 雑記

tag: 出かける 
tb: 0   cm: 0

津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー!!』『君は永遠にそいつらより若い』  

1月23日は作家の津村記久子さんの誕生日だ。
もうここ数年ずっと応援している彼女の作品を立て続けに再読した。
『ミュージック・ブレス・ユー!!』
と、
『君は永遠にそいつらより若い』
の2作である。

初期津村作品に対して思うことは、登場人物が結構自分の言いたいことを言っているということだ。
また、ファミリアストレンジャー(知ってはいるけど話す機会がない他人)との交流をよく持っている。
それがなくてはストーリーができないからというのもあるが。

私はそんな津村作品の世界の人たちをとても羨ましいと思う。
あまりぱっとした人物、と言うと語弊があるかもしれないが、立派な人物は出てこない。
あくまで一般の、語るほどでもない人生を送っている人たちの、語るほどではないけれどもそれぞれ考えたり悩んだり人と衝突したりしている様子を、時に固有名詞を登場させたりしながら描いている。

人との衝突と言ったけど、意外と津村作品に出てくる人たちは人を怒らせたり、または逆に怒ったりする。

彼らは、人に何かを言われてあとからあれはこういう意図で言われたのだと分析して腹が立ってくるという目によく遭っている。
感情だけで腹を立てず、相手が何を思ってそのような発言をしたか、態度を示したのかをきちんと理論で説明しようとしている。
そういう所が好きだと思う。

人を怒らせるパターンもある。
『ミュージック・ブレス・ユー!!』では主人公が友達にひどいことをした男を責めるシーンがあった。
『君は永遠にそいつらより若い』でも対峙していた、一席ぶってる自己陶酔男を満足させるリアクションができず酒を浴びせられてしまう。
そういうとき、津村作品に出てくる人たちはとても冷静なのだ。
自分の抱いている感情が、あるいはとった行動が、どこからどのように発生したものなのかをきちんと考える。
そういう人たちはとても思慮深く見えて、世の中こういう人ばかりだったらいいなと思ってしまう。
今回挙げた2作はそれぞれ高校生と大学生の話で、若いのにちゃんとした会話をしているなと思う。

こういう作品を読むと、自分がいかに感情を抑制して生きているか、それを発露することの恐怖で動けないでいるかということを考える。
それが人生をつまらなくしているのではないかとも思えてくる。
彼らはいつも一生懸命で、誰一人として私のように薄らぼんやりとして生きてはいない。
なんか、みんながんばってるよな、そうだよなという印象を受ける。
だから自分もここで気を確かにがんばろうと思う。

津村氏2013年の秀作『ポースケ』がついに文庫化されたので買いに行かなくては。

category: 読んだ(本)

tag: 書籍  津村記久子 
tb: 0   cm: 0

得した分貯金2017の結果  

というのを去年やっていて、単純に値引きしてもらった分とかクーポンを使った分の金額を貯金箱に貯めるという試みである。
それをさっき集計した。
2017年のお得は26,729円だった。
全部漏れなく貯めたわけではないけど結構貯まったなと思う。
浮いたお金、という訳ではないけど、これで何か欲しいものを買ってもいいなと思うけど物欲はない。
新年なのに。
あまりに外に着ていく服がないから服でも買おうかな。
今年もこの貯金はやってみようと思う。

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

捨て報告18/1/2 他  

年末に少しだけ物を減らして、今日また少しだけ続きをした。

・ジーンズ1(究極に色あせ)
・白シャツ1(よれよれ)

上記2点はユニクロ製品なので店舗のリサイクルボックスへ入れてきた。
そして薄手のグレーのセーター(メンズS)を買ってきた。
肩幅がやや余るものの、洗えるしまあいいかって感じ。
似たような女性ものは1,000円高かったから…


・靴下
・セーター1(汗ジミがとれなくなった)
・スカート1(年齢的にどうかと思う素材&デザイン)


・漫画12冊

年末のブックオフへ売り払い。
全品5円。
ブックオフへ本を売ることはその労力が無駄とわかっていたのにまたやってしまった。
フリマアプリをやっていればそちらの方がいいと思うけど、ズボラ会社員にとっては発送作業が面倒だと思ってしまう。


・旅館などのアメニティのブラシ3本
・昔のニキビ用薬
・変色していた口紅

この辺りは化粧道具まわりの整理の結果。
化粧品って使い切るのに時間がかかる。
私が化粧をおろそかにしすぎなのか。
こないだコスメ付録つきの雑誌を買ったけど、これでしばらくチークとアイシャドウは買う必要がない感じになっている。
それにオレンジのクリームチークがついていて、これ使わないなと思ってたけど、案外自分の顔色にナチュラルになじむことがわかった。
イエローベースってやつだろうか。
からし色のセーターを着ていたら友達に似合ってるって言われたしな。
それにしても、この世のブルべさんたちの優越感が気になる。
必要な情報なのかもしれないけど、コスメレビューによくある「ブルべ冬の私には~」とか聞いてないよって思う。


・テープカッター
・暗記シート
・メモ帳

この辺は机の引き出しから出てきた。
メモ帳には片思いのあれこれをつづったと思われる「もうどうしたらいいかわからない」などの心の声が多数散見され、過去の自分よかわいそうにと思った。
現在は目覚ましい進展はないものの平和にやっているので当時のモヤモヤごと捨て。

今年こそ引っ越したいと思っているのでもう少し物を減らしたい。

category: 掃除・物減らし

tb: 0   cm: 0

話し合い  

拍手ありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

無念  

-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

  

拍手ありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

無題  

-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

捨て報告17/10/29  

遅めの衣替えをした。
台風の接近により洗濯ができず無念。
しかもあまり服が減らなかった。

(捨て10/29)
・下着(超ぼろ)2
・靴下(ゴムのびのび)1
・シャツ(着すぎて汗ジミ落ちず)2
・カットソー1
・鞄1

秋って毎年服がない。
あと、どうしてもクローゼットが欲しいし全自動洗濯機も欲しい。(うちは二槽式)
やっぱり引っ越しを考えるべきだよなあ。
生活力を身につけたい。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

不器用と一瞬  

拍手ありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0