monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

食い逃げしかけた話  

先日仕事が早めに終わる日があったので、前から気になっていたちょっとオシャレなカフェに行ってみることにした。

パンケーキをたらふく食べていざ会計しようと思ったら財布ごとない!
原因はすぐわかった。前日に使った鞄に入れっぱなしだったのだ。
漫画のようにサーッと青ざめたけど、とりあえず何かないか持ち物をあらためてみることにした。
小銭入れに400円入ってた。全然足りない。
パスケースがあった。いつも1000円札を折りたたんで入れている。(いざという時財布がなくてもせめて改札を通れるように)
でも今日に限ってない。先日別のことに使ってしまった。
カードケースがあった。普段使っていない銀行のキャッシュカード!!当然持ち歩くなどというリスクの高いことはしないので家だ。
その他電子マネー、お財布携帯なし。
ポーチの中とうぜんキャッシュなし。手帳役に立たず。文庫本言わずもがな。
すべての持ち物をあらためて、頭の中には学生時代にアルバイトをしていた店のルールがよぎった。
①すぐ警察に連れて行かれる
②現金が手に入るまで社員がついていく
(ちょっとアレな店だったかもしれない)
これ①も②もおしまいだ。
どうしよう、隣の席の知らない人にお金を借りる?いやいやそんなまさか。
でもないものはないしいよいよ観念しておそるおそる店員さんに状況を告げる。

「下に銀行がありますよ」
「キャッシュカードがなくて…」
「今日中に戻ってこられますか?」
「ハイ急いで取ってきます。身分証置いていったほうがいいですか?」
「いえ、名前とお電話番号だけ控えさせていただきます。」

良心的なお店でこれだけのやり取りで済み、数時間後には財布をとってきて無事お会計を済ませることができた。

普段あまりこういうことはないけど、仕事が早く終わったことで気が緩んでいた。
カフェで食べる甘いもののことしか考えていなかった。あれから店に入る前までに財布とその中を見るようにしている。
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

TOEICの結果  

先日受けたTOEICの結果が返ってきた。
今は郵便で送られてくる前にネット上で点数がわかるので、スコアシートが届く頃にはもうひとしきり落ち込み終わっている。
学生時代に受けたときの自分の最高得点よりは80点も下がっていた。
しかしこの点は越えないと大学に行った金が無駄だと思う点数には達していたので少し安心した。
リーディングよりはリスニングの方が点数がよかった。
自分で分析した通り、最後のやたらたくさんの英文を読まされるパートの点数が著しく低かった。
これを克服すべく、書店に出向いて問題集を探したけど例によって色々ありすぎてわけがわからなくなってしまい、再び現在持っている旧問題形式対応のもので勉強して、それで点数が上がらなくなったら新しいものを買うことにした。
とりあえず、次に受けるときは今よりも50点アップさせたい。

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

久々のTOEIC受験  

TOEICを受けてきた。
果たして今自分が何点とれる人間なのかを知りたいという目的で受験することにした。
学生の時受けて以来だから6年ぶりくらい。
ちまちま勉強してたけどそんなの何の役にも立たないくらい難しく感じた。
小耳には挟んでいたけど、問題の形式が変わっていて、後半ひたすら情報量の多い英文を読まされてどこを拾い読みしたらいいか見つけるのに苦労して結局最初から読んだりして全然手ごたえがなかった。
これは新形式リーディング問題対応の問題集を買わないとならない。
今回はケチって家にあったはるか昔の問題集で勉強していた。
文法問題はそれで問題ないけど、後半は本当にノウハウが必要そうだし、それを身に付ければ多少点数が上がる気がする。
学生時代初めて受けたときの点数くらいは取れていてほしいけど、絶対取れてない。

都内の大学が会場だったんだけど、たむろしている学生が楽しそうで羨ましかったし、大教室に着席してペンを動かす感じが懐かしかった。
明日目が覚めたら大学生に戻ってないかなと思うけど一秒で打ち消した。

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

捨て報告2017/3/31  

今日ずっと置きっぱなしにしていた資源ごみをようやく出すことができた。スッキリした。

(捨て3/31)
・漫画15冊くらい
・フリーペーパー10冊
・着すぎて毛玉だらけのセーター
・着すぎて毛玉だらけのカーディガン
・母からもらったけど着る気になれないセーター
・従姉妹のお下がりだけど絶対穿かないショートパンツ

服たいしていらないのに減らない。
人よりは持っている数が少ない自負はあるけど…
クローゼットが欲しい。

category: 掃除・物減らし

tb: 0   cm: 0

映画『愚行録』を見た(ネタバレあり)  

映画『愚行録』を見に行ったので、ダラダラと思ったことを書き連ねていきます。
思いっきりネタバレです。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

捨て報告17/2/19&日常  

家にいたので掃除した。
(捨て17/2/19)
・ポイントカード9枚
・ポスター5枚くらい
・履かないスリッパ
・出ないボールペン1本
(番外)ほぼ使っていないメールアカウント削除

たったこれだけだけど、スリッパとポスターはもう長い間持て余していたのでよかった。
最近はCDの特典がポスターのときは断るようにしている。
あの、表を内側にしてギチギチに巻かれているポスターをいざ家で貼ろうとするときの、くるくるを戻したりするストレスというのはものすごい。
その度に紙ってすごいなあと無駄に文化を感じる。
時間をかければ湿気を利用して…とかうまい方法があるんだろうけど。

今週突然昔一度落ちた検定試験とTOEIC、そしてゆくゆくは資格試験を受けることを思いつき、早速行動に移してみたら日頃の憂鬱が少し改善された。
原動力は自分の自信のなさを目に見えるもので補填して武装しようという気持ちである。
たぶん私のことを下に見ているであろう会社の嫌いな人に、心の内で負けてないぞと思いたいのだ。
目標がないことによる憂鬱だということはまあ自分でも気が付いていた。
実際ない。
でも目先のことでもいいので何かやることがあると気が紛れる。

不思議なもので、あんなになかった物欲も憂鬱の霧散、とまではいかないが軽減により湧いて出てきて、そういえば靴が全然ないということに気が付いて今日は勉強するつもりがネットでのパンプス探しに腐心してしまった。
足の横幅が広くて、それでも痛くないものを探してみたけど、これだというものがあまりない。
足の幅>ヒールの高さ>素材>デザインという優先順位で探しているけど、二つ目三つ目の条件のところで購入に踏み切れない感じになる。
だいたいさー日本人でそんなに足幅がスリムな人ってそんなにいるの?
標準を3Eくらいにしてそれ以下を「細め」として売り出してくれと言いたい。

憂鬱が晴れても会社に行きたくないことは変わらない。
何より嫌いな人に会うのが嫌なのだ。挨拶のタイミングまで気を遣うので疲れる。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

鞄が重い  

鞄が重い。

先日仕事帰りに友達と待ち合わせてご飯を食べに行って、帰りがけに友達が私の鞄を取ってくれたんだけど、持ち上げた瞬間「重っ!」と言われてしまった。
その自覚はある。
具体的に何が重いのか書き出してみることにした。

鞄(A4サイズが入る、量販店のセールで買った肩掛け鞄)
・財布
・携帯
・ipodとヘッドホン
・家の鍵
・定期入れ
・A4クリアファイル
・ハンドタオル
・折り畳むとものすごく小さくなるエコバッグ
・折り畳み傘
・ポーチ(小)…ティッシュ、頭痛薬、胃薬、目薬、リップクリーム、脂取り紙
・除菌ウエットティッシュ
・手帳(無印マンスリーウィークリー)+ジェットストリームfシリーズ(赤・黒・シャープペンが1本になっているやつ)
・日記帳
・文庫本

書き出してみると多い。
これに化粧道具一式が入っているポーチ(大)(と言っても化粧適当人間なので必要最低限)も持ち歩いている日があって、そりゃ重たいよなって感じだ。
ポーチ(大)を持っている日というのは大抵朝起きられなくて顔面のすべてを諦めて出社した日だ。
冬はその確率が高くなって、毎朝髪を巻いてる人なんかもいるのになあと思う。
自分の見た目に自分で関心がないからこうなるのだと思う。どう見られようが別に…みたいな。

また、下3つの「紙もの」が最も鞄を太らせている。
手帳や日記帳は少し元気のある退勤後に寄り道をしてお茶を飲みながら開くのが好きなので持っていたい。
心の支え的な意味もある。絶対に見られてはいけないというリスクはあるが…
あとだいたいは文庫本を持ってるけどたまに単行本を持っている時がある。それはやめようと思う。

あとはもう減らせるものはない。ヘッドホンをやめてイヤホンにするくらいか。
水筒は最近会社に置きっぱなしにしている。
ウエットティッシュは別に潔癖なのではなく、今年の冬はインフルエンザやノロが流行っていると聞いて恐ろしくなり、この冬に限ってマメに使っている。
もうめちゃくちゃアルコールが強くてむせる。種類選びに失敗した。

鞄が重い問題は解決しそうにない。
とりあえずはポーチ(大)を持ち歩かない日を増やすことか。

いつも拍手ありがとうございます。

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

和牛が声をあてているaudible版『セトウツミ』がすごくいい  

いやもうタイトルの通りの話なんですけど、amazonがやっている定額朗読配信サービス?のaudibleにセトウツミの朗読版があることを知り、1ヶ月無料体験を申し込んだ。
もう去年映画を見てからセトウツミブームがすごい。

無料体験は最初にクレジット番号を登録させられて、1ヶ月後に解除を忘れたら月額の1,500円を即座に持って行かれるシステムになっている。
ダウンロードしたいものを予めパソコン上から自分の「ライブラリ」に入れることはできるが、再生はアプリからのみ。
保存されないようにパソコンでは聞かせてもらえないのかも。

『セトウツミ』は原作が1巻~6巻まで出ているのだが、驚くべきことにそのすべてがaudible化されている。
声を担当しているのは2016年のM-1グランプリ決勝での活躍も記憶に新しいお笑いコンビ・和牛の二人。
瀬戸役がツッコミの川西さん、内海役がボケの水田さんだ。
これが見事なはまり役で、キャスティングした人を讃えたい。
セトウツミはどちらかと言うと内海がツッコミっぽいけどそこが和牛とひっくり返っているのも面白い。
アホだけど人のよさそうな瀬戸と、冷静に変なこと言ったりする内海がまんま和牛で、さすがコンビなだけあってテンポも間合いも素晴らしい。
セトウツミは普通の会話が延々続く漫画なので、変に演技に力をこめるとわざとらしくなる。
なので演技が本業ではない和牛が声をあてているのが本当に聞いててちょうどよく、心地よい。声も聞き取りやすいし。
いや多分水田さんはドラマ願望あるってラジオで言ってたし、川西さんも漫才の女の子役が妙にうまいので本当に演技しようと思ったらある程度できるんだろうけど、セトウツミくらいのほぼ普段の和牛の感じがかえってハマりまくっている。
瀬戸と内海以外の登場人物は声優さんかその道のプロが声を担当してると思うんだけど、和牛があまりにも自然体なのでギャップでちょっと大げさだなと思うくらいだ。

まあ正直和牛好きで色々見たり聞いたりしまくっているので今更音声を聞いて瀬戸と内海に脳内変換できないんだけど、(内海はとくに水田さんの声に特徴があるので水田さんの顔がどうしても浮かんでくる)漫才をずっと聞いているようで楽しい。
漫画を読みながら聞くとようやっと瀬戸と内海に感じてくる。
たまたま「水田」という名前が出てきたり、瀬戸が実際の川西さんの出身地である河内弁でまくし立ててそれを内海に突っ込まれるシーンがあったり、和牛を知っているとちょっとニヤリとするような箇所もある。

ところで、朗読現場の写真がネットに載っていたので見たら、漫画をそのまま拡大コピーしたようなものを読んでいた様子なんだけど、紙をめくる音とか雑音は編集で消してるのかなとか、会話の流れを保つためにひとつづきで録ってNG出たらまた最初からなのか、はたまたNGのところからなのかとか、いろんなことが気になってくる。
朗読はアニメのアフレコとまた違った趣があって味わい深い。
アニメほどテンション高くないのでどんな気分のときも聞ける。
もしこれがアニメ化されたとして、方向性を誤って「どや!オモロイ事言ってるやろ!」ってテンションになってしまったらさぶいし作品のよさが損なわれる。そのギリギリを狙って成功しているのがこのaudible版セトウツミなのである!!
私今この世で一番このコンテンツについて熱く語っているのではないか。

この一連のことを誰かと話したいのだが今のところ共有できる人はいない。
そもそも関東に和牛を知っている人が少ない。おととしもM-1出てたしその前のTHE MANZAIにも出てるのに。
去年のM-1で急激に認知された感があるのでこのまま関東でも見る機会が増えるといい。

category: 読んだ(漫画)

tag: お笑い   
tb: 0   cm: 0

漫画を売った話  



拍手ありがとうございます。
励みになりまくります。

年末大掃除の一環で、人生で初めてブックオフで漫画を売った。
臨死江古田ちゃん全8巻。
大した期待はしてなかったんだけど、その僅かな期待さえ裏切る買い取り額だった。
一冊10円くらいにはなるかな、全巻セットだしと思ったら、1巻から5巻までは5円ぽっち、全巻揃っていることによる上乗せはなしだった。

わかったことは二つ…
・査定に時間がかかると思いきやその場でバーコードピピピですぐ査定額が出てレシートと現金をもらえる。
身分証だけ持っていき、簡単な記入表を書くだけで終わり。

・古いものは5円とか値がつかないとか当たり前なので、よほどのものでない限り資源ごみに出すか人に譲るのが吉。

もしかして価値があるかも…と手放せなかった古本を、どんどん捨てていこうと思った。
今は電子書籍もあるし、手放してもまた買える。

テレビでカズレーザーさんが読書家の割に本棚を持っておらず、読んだら処分して読みたくなる度に買い直すことによりその都度作者に印税が入るということを言っていて、真似できるかは別としてなるほどと思った。
ちなみにフリーペーパーで同氏がオススメしてたSFがクラークの『幼年期の終わり』で、私もこれ面白かったので嬉しかった。
きな臭いものがきな臭いまま進んでいくのが良い。

ブックオフに対して常々思うことは、もっと商品の検索性を高めてほしいのと、作者に印税が行けばいいのになと思う。
お金がない学生の頃はたまに利用してたけど、今は私も本やCDは定価で買う。
輸入物のCDなんかは中古で買うこともあるけど…

最近エシカル(=倫理的な)消費という言葉をたまに目にするけど、これはとても共感できる考え方だ。
見合った対価であると感じるもの、つまり価値観にお金を払うんだよな。
お金を払うことはつまり応援で、支えたい生産者を選んで支えることができる。
わかりやすい例だとブラックと囁かれてる店で飲食しないとかね。
何を支援するか選べる時代が来たということだと思う。


それにしても、江古田ちゃんは24歳という設定だけど、彼女の100分の1の人生経験もないままいくつか年齢を追い抜いてしまった。
つらい。

category: 掃除・物減らし

tb: 0   cm: 0

捨て報告16/12/25  

年末なので服を整理した。
もう着ないしリサイクルもできない服をビニール袋3袋分処分した。
母が着なさいと無理矢理押し付けてきた服を見つからないように捨てるのが大変で困る。
着ないよ真っ青のロングコートとか…

(その他12/25までに捨てたもの)
・ビニールが変色しているペンケース
・使わないイヤリング2セット
・幼い頃集めたおもちゃの指輪いくつか
・昔余興で買わされた衣装
・使えない懐中電灯
・電子辞書を入れていたポーチ(超ボロボロ)
・知人にもらったアイドルグッズ(ごめんなさい)

アイドルグッズとか、ファンも余らせていて興味のない人間には価値も使い道もないとなるともう社会の闇ではないかと思う。
実はもらったCDもたくさんあってそれは未開封で捨てるのもなと思って持て余している。
そのち手放すけど…

しかしだんだん捨てるものがなくなってきた。
部屋はきれいになっていない。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0