プロフィール

higami

Author:higami
まるでもてません。
物にとらわれない生活をめざしています。
特定しないでね!

最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム

コミュニケーションの手綱

Sun.10.06.2018 0 comments
拍手ありがとうございます。
PCテンプレートを昔使っていたものに変更しました。

今年2回目の結婚式に行った。
学生時代の友達の結婚式で、新郎新婦共に知り合いなので、同じコミュニティからたくさんの人が集まってきていた。
ただ、知り合いは知り合いだけど、新郎側の人々が怖くて学生の時苦手としていたので若干腰が引けた感じで参加してきた。
控室で、あっあの人○○さんだあの人は名前が思い出せないけどあのグループにいつもいた人…あの人は…とすでに全体の把握に神経が持って行かれていた。

披露宴までは恙なく終了した。
ファーストバイトってさ、様式美と言ってしまえばそれまでだけど、お決まりのように新郎が大きな一口をやらされるの寒いなと思ってしまう。
歓声をあげて写真を撮っている観衆にもうすら寒さがあるけど、こんなことを思っているからだめなんだと自分に言い聞かせている。
これに限らず、私は「形式だけの何か」が結構苦手なのだ。
言ってしまえば教会式の挙式も冷める。自分がキリスト教徒だったらまた別なんだろうけど…

二次会では、当たり前だけど怖い人たちときれいに席が分かれたのでこのまま終わればと思ったのだが、飲み物を回すついでに少し挨拶しておいた方がいいか…と思ってコミュニケーションを試みたら返り討ちに遭った。
一挙一動をあげつらって笑われたり、言葉のチョイスを間違えるとネタにされたり、向こうもこいつと話すことなんかないなと思ってるだろうなとか、あ~この感じと思って早々に退散した。

私はこの団体において趣味ができればよかったので、周りの女の子たちみたいに先輩に顔を売るとかなついたりするとかができなかったのだ。それは自分の責任だと思う。
逆に趣味のものの好みが近い先輩はけっこうよくしてくれたりした。その人たちは来ていなかった。

大人になってまでコミュニケーションで悩みたくないと思っていて、仕事はともかく私生活ではやっぱり話したい人とだけ話せばいいなと思う。
自分がコミュニケーションの手綱を握ってもいいのだということをいつも忘れそうになる。
別にその場の空気を牛耳ってる人がいたからと言ってその人たちが正義とかって訳じゃないし、そこについていけなくても引け目を感じることなど何もない。

ところでここから下衆な話になるんだけど、二次会でこの場に昔付き合ってたカップル延べ何組(一人が続けざまに二人とかもあるので)いるんだよと思った。
そういう人たちが特に気まずそうな感じもなく話してたりするのを見て、時は流れるものだなとまた思った。
それぞれ所帯をもっていたり入籍を控えてたりするからこそできることなのかもしれない。
そこでちょっと思ったのが、みんなかつて何人かの人と付き合ったり別れたりして、どこかのタイミングで結婚している。
皆結婚適齢期に付き合ってた人と結婚したけれど、必ずしもその人が自分にとってのベストかはわからないし、結婚したからにはベストにしていくものなんだろうなと思った。
もちろん学生のときから付き合っていてそのまま結婚した人たちもいるけど。
つまり、学生時代に付き合ってた人たちが、仮にあと数年後に出会って付き合い始めていたらそのまま結婚していたのでは?ということ。
それくらい今結婚ラッシュが来ているし、少し歳上の人たちも申し合わせたように人生を固めている。
就活が最たる例だけど、人と同じタイミングで何かをするのが苦手というかできた試しがない私にとって、模範的な人生の人を見ると何かに追われてはいないかと大きなお世話なことを思うと同時に驚異でもある。

また結婚式の誘いを受けた。有給無くなるわ。お金も。
スポンサーサイト

風邪

Wed.02.05.2018 0 comments
彼を含めて学生時代の複数人で集まった。

続きを読む »

一念発起

Sun.29.04.2018 0 comments
ひと月ほど前の話になるけど、ついに引っ越した。
2月にもうこの実家にはいたくないと思って、物件サイトを見始めた。
それから不動産屋に2回ほど通って、2回目の日に内見に行った部屋に現在住んでいる。
部屋を決めるまでは不動産屋の担当の人にお世話になって、説明を受けたりとか契約は管理会社で行った。
あんなに色々調べてくれた不動産屋の担当さんが、部屋が決まった後、管理会社のことを告げる電話などでは異様に業務的だったのが少し悲しかった。
私が挙げた条件としては、
・駅から近い
・鉄筋コンクリート造
・風呂トイレ別
の3つ。場所は実家と職場の間で探した。

逆に諦めたのは、
・職場の駅まで30分以内
・室内洗濯機置き場

で結局管理費込でまあ予算以内の場所に住んでいる。
不満を挙げるなら、光回線が入ってないとかベランダに出ると向かいの集合住宅が近いこととか。
でも実家の暮らしよりは気ままで快適なので引っ越してよかったと思う。

続きを読む »

訪問

Mon.12.02.2018 0 comments
ちょっと遠くまで行ってきた話

続きを読む »

津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー!!』『君は永遠にそいつらより若い』

Tue.23.01.2018 0 comments
1月23日は作家の津村記久子さんの誕生日だ。
もうここ数年ずっと応援している彼女の作品を立て続けに再読した。
『ミュージック・ブレス・ユー!!』
と、
『君は永遠にそいつらより若い』
の2作である。

初期津村作品に対して思うことは、登場人物が結構自分の言いたいことを言っているということだ。
また、ファミリアストレンジャー(知ってはいるけど話す機会がない他人)との交流をよく持っている。
それがなくてはストーリーができないからというのもあるが。

私はそんな津村作品の世界の人たちをとても羨ましいと思う。
あまりぱっとした人物、と言うと語弊があるかもしれないが、立派な人物は出てこない。
あくまで一般の、語るほどでもない人生を送っている人たちの、語るほどではないけれどもそれぞれ考えたり悩んだり人と衝突したりしている様子を、時に固有名詞を登場させたりしながら描いている。

人との衝突と言ったけど、意外と津村作品に出てくる人たちは人を怒らせたり、または逆に怒ったりする。

彼らは、人に何かを言われてあとからあれはこういう意図で言われたのだと分析して腹が立ってくるという目によく遭っている。
感情だけで腹を立てず、相手が何を思ってそのような発言をしたか、態度を示したのかをきちんと理論で説明しようとしている。
そういう所が好きだと思う。

人を怒らせるパターンもある。
『ミュージック・ブレス・ユー!!』では主人公が友達にひどいことをした男を責めるシーンがあった。
『君は永遠にそいつらより若い』でも対峙していた、一席ぶってる自己陶酔男を満足させるリアクションができず酒を浴びせられてしまう。
そういうとき、津村作品に出てくる人たちはとても冷静なのだ。
自分の抱いている感情が、あるいはとった行動が、どこからどのように発生したものなのかをきちんと考える。
そういう人たちはとても思慮深く見えて、世の中こういう人ばかりだったらいいなと思ってしまう。
今回挙げた2作はそれぞれ高校生と大学生の話で、若いのにちゃんとした会話をしているなと思う。

こういう作品を読むと、自分がいかに感情を抑制して生きているか、それを発露することの恐怖で動けないでいるかということを考える。
それが人生をつまらなくしているのではないかとも思えてくる。
彼らはいつも一生懸命で、誰一人として私のように薄らぼんやりとして生きてはいない。
なんか、みんながんばってるよな、そうだよなという印象を受ける。
だから自分もここで気を確かにがんばろうと思う。

津村氏2013年の秀作『ポースケ』がついに文庫化されたので買いに行かなくては。

得した分貯金2017の結果

Wed.03.01.2018 0 comments
というのを去年やっていて、単純に値引きしてもらった分とかクーポンを使った分の金額を貯金箱に貯めるという試みである。
それをさっき集計した。
2017年のお得は26,729円だった。
全部漏れなく貯めたわけではないけど結構貯まったなと思う。
浮いたお金、という訳ではないけど、これで何か欲しいものを買ってもいいなと思うけど物欲はない。
新年なのに。
あまりに外に着ていく服がないから服でも買おうかな。
今年もこの貯金はやってみようと思う。

捨て報告18/1/2 他

Tue.02.01.2018 0 comments
年末に少しだけ物を減らして、今日また少しだけ続きをした。

・ジーンズ1(究極に色あせ)
・白シャツ1(よれよれ)

上記2点はユニクロ製品なので店舗のリサイクルボックスへ入れてきた。
そして薄手のグレーのセーター(メンズS)を買ってきた。
肩幅がやや余るものの、洗えるしまあいいかって感じ。
似たような女性ものは1,000円高かったから…


・靴下
・セーター1(汗ジミがとれなくなった)
・スカート1(年齢的にどうかと思う素材&デザイン)


・漫画12冊

年末のブックオフへ売り払い。
全品5円。
ブックオフへ本を売ることはその労力が無駄とわかっていたのにまたやってしまった。
フリマアプリをやっていればそちらの方がいいと思うけど、ズボラ会社員にとっては発送作業が面倒だと思ってしまう。


・旅館などのアメニティのブラシ3本
・昔のニキビ用薬
・変色していた口紅

この辺りは化粧道具まわりの整理の結果。
化粧品って使い切るのに時間がかかる。
私が化粧をおろそかにしすぎなのか。
こないだコスメ付録つきの雑誌を買ったけど、これでしばらくチークとアイシャドウは買う必要がない感じになっている。
それにオレンジのクリームチークがついていて、これ使わないなと思ってたけど、案外自分の顔色にナチュラルになじむことがわかった。
イエローベースってやつだろうか。
からし色のセーターを着ていたら友達に似合ってるって言われたしな。
それにしても、この世のブルべさんたちの優越感が気になる。
必要な情報なのかもしれないけど、コスメレビューによくある「ブルべ冬の私には~」とか聞いてないよって思う。


・テープカッター
・暗記シート
・メモ帳

この辺は机の引き出しから出てきた。
メモ帳には片思いのあれこれをつづったと思われる「もうどうしたらいいかわからない」などの心の声が多数散見され、過去の自分よかわいそうにと思った。
現在は目覚ましい進展はないものの平和にやっているので当時のモヤモヤごと捨て。

今年こそ引っ越したいと思っているのでもう少し物を減らしたい。

話し合い

Mon.11.12.2017 0 comments
拍手ありがとうございます。

続きを読む »

無念

Sun.03.12.2017 0 comments

続きを読む »

Mon.13.11.2017 0 comments
拍手ありがとうございます。

続きを読む »

topTop - Next Page »