monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コーヒーバレーフレンチトースト  



拍手ありがとうございます。
写真はしばらく前に行った池袋COFFEE VALLEYというカフェのフレンチトースト。
ジュンク堂書店の近くの店で、池袋にはめずらしいおしゃれな店だった。
時間つぶしで入ったけどそれなりに混んでいた。
フレンチトーストが好きで気が向いたら調べて食べに行っているのでそれを載せていこうと思う。

『時計じかけのオレンジ』の新訳版を読んでたんだけど、わかりにくかった。
しかも暴力描写が多くてげんなり…こんな極悪非道な15歳嫌だ…
そして話の内容を5行くらいで説明できそうだ。
暴力暴行窃盗殺人などを快楽的にしまくっていた少年が刑務所に入り、そこで矯正プログラムを受けることになる。
そのプログラム内容とそれによって彼の内部に起こった変化とは…?という話。
あまりの暴力っぷりに日本人でよかったと思った。
さすがにこれはフィクションだと思うけど15歳がやるにしてはひど過ぎる。

最近の生活は何一つ変わっていない。
先日学生時代の集まりがあって、めでたい報告がいくつかあった。
私は何も変わっていない。そのことが毎日頭をもたげている。
別に恋愛関係のことではなく、人間として変わっていないことに劣等感をおぼえる。
ある役者さんみたいな人が失踪して丸三年を経て帰ってきたという話を見たんだけど、例えば私のここ3年間って何も変わってない。
仕事もその他の生活も。むしろ悪くなってるくらいだ。
それがひどく虚しく思えて、最近はそのことばかりを考えている。
いつも実行することを後回しにしてしまうけど、動かないといけない。
そう思いつつ尻が重い→自己嫌悪をずっと繰り返したまま8月が終わろうとしている。

別館は引き続き工事中です。進展なし。これも人生の停滞を感じる原因だ。
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tag: フレンチトースト  カフェ 
tb: 0   cm: 0

ブックカフェ  

先日出来心でブックカフェとやらに行った。
すごいでしょ。オシャレでしょ。
そう、とてもオシャレなのだ。
この「オシャレな都会生活を楽しんでいる(ふりをしている)文化人の自分」という自意識がちらついて落ち着かなかった。
結局溜まっていた読書ノートをつけるのと、コーヒーとマフィンだけ食して帰ってきた。

普通のチェーンのカフェと同じようにカウンターで注文して受け取ったら、店内の本棚にある本はどれでも読んでいいですよというシステム。どこもこういう感じだと思う。
しかし疑問なのが、そこで1冊でも読み終わるのは無理だし、図書館のような使い方はできない。
読むのが早い人は1冊くらいなら読めるだろうけど…
立ち位置というか利用法としては、試し読み専門店かつ本との出会いの場だと思う。
そこで見つけてよかった本を後で買ったり借りたりするのがいいかなと思う。
また店によって置いている本のコンセプトもわりかし一貫していると思われるので、何か面白い本ないかな~と漠然と探すのは楽しいと思う。
本屋さんでそれをやると広すぎて全部見られないのと、長時間の立ち読みは憚られるから。

結論、読書は電車が一番はかどる。
一人暮らしをしたら自宅が一番いいかもしれない。
とは言え、雰囲気は抜群にいいので、本を読むことを目的にするのではなく、普通に少し時間をつぶすのにはいいと思う。

そして個人的なメモとして、次の読書ノートは無印のハードカバーのリングノートにしたい。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718728077

category: ふつうの日記

tag: ソロ活動  カフェ 
tb: 0   cm: 0

エレベーターとコーヒーとカレー  

最近疲れて疲れてどうしようもない。
栄養ドリンクに頼る日々が来るとは思わなかった。
職場での身の振り方だったり、家族との関係だったり。
あとは1月初週から、土曜は全部出勤している。
身も心も休まらない。っていうのは私だけじゃないのはわかっちゃいるけど…
なのに痩せるわけではないんだよな。

そんな中で、洒落たカフェに行ってみた。
初めてドア手動のエレベーターに乗ったんだけど、この瞬間がこのカフェを楽しむピークだった。

エレベーターが到着したら、このドアを手で引いて開ける。
ホラーゲームっぽい。


内側。格子の感じがまた出られなくなったらどうしようというスリルを味わえて良い。
店ではコーヒーとカレーを頂いた。
この二つの相性の良さは素晴らしいと思う。
コーヒーがなかなか美味でした。
カレーはいわゆるインド風?のもの。ナンはなかったが。
スパイスがかなり効いていて、何かの実を思いっきり噛んでしまってその味に口中を占拠されてアワアワした。
店内は至って今風のカフェで、若者数組と出版関係の仕事の話をしている大人な雰囲気の人たちがいた。
エレベーターの件で検索すると店の場所がわかると思うので気になる方はぜひ。

ところですごくどうでもいい話なんだけど、最近巷でやけに甘えた話し方の男をよく目にするような気がする。
この日も、
「じゃあ俺はこの紅茶にしちゃおっかな~♪○○ちゃんはぁ?」
みたいな話し方の人を見ておお…と思った。
電車でもよく見るんだよね。
私は好かんというだけで彼らには何の罪もないけど気になってしまった…

category: ふつうの日記

tag: ソロ活動  カフェ 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。