monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

掃除に関する名言  

ここ数日掃除をさぼっていた。
やる気を出すために、掃除全般板の「掃除に関する名言」スレから拾ってきたコピペを貼る。


11 名前:(名前は掃除されました) :2010/02/21(日) 19:49:51 ID:QGIPHKjy
掃除は“執着”を手放す修行の一つです。
金原東英(大本山永平寺別院長谷寺)


61 名前:(名前は掃除されました) :2010/09/11(土) 12:33:05 ID:f9hWE1aQ
「ガラクタを捨てられない」と言い訳するよりもまず、ガラクタに対する執着心を捨てろ


83 名前:(名前は掃除されました) :2010/11/10(水) 22:33:15 ID:gdi1gPg5
誰の言葉かはわからないけど、
石川県七尾市の築100年の旧家の鴨居に掛けてあった言葉。
武骨な言葉で、そこがいいなと感じたので。

「人は居に依って育ち、居は人に依って整う」


131 名前:(名前は掃除されました) [sage] :2011/12/14(水) 10:10:20.53 ID:BvSPHP7V
子育てしながらも整った部屋で暮らしたいスレで、どなたか忘れたけど、
モノを減らして、家の体重がどんどん軽くなっていく、というのがよかったな。
どんな小さいものでも捨てるときに、これを捨てると数グラム家の体重が減るのね、とおもいながら
捨て作業するのが楽しくなった。



「執着を捨てる」
これは断捨離が物理的なものだけでなく、精神的改革でもあるということをそのまま表現している。

そして居とは自分を映す鏡である。
居が荒れているときは自分自身も整っていないときだ。
逆に、居をいい状態に保つことによって、自身も健やかでいることができる。
人と家は共存関係にあるんですね。

最後のはとても掃除や物減らしのやる気が上がるコピペだ。
家だってものをたくさん詰まれたら重いし苦しいだろうな。
こんなこと考えたこともなかった。
ちょっと精神論っぽくなりすぎたかな。
でも住み良い環境を自分で作るのは大事なことだと思う。
動物だって自分で巣を作ったりする訳だし…
今日からまた頑張ろう。
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tag: コピペ 
tb: 0   cm: 0

コピペ「持たない暮らしの七つの習慣」  

掃除全般板で、ためになりそうなコピペを見つけた。

○ 持たない暮らしの”七つの習慣”
1. もらわない
2. 買わない
3. ストックしない
4. 捨てる
5. 代用する
6. 借りる
7. なしで済ます

2の「買わない」は本当に大事。
最近断捨離が流行ってるけど、そもそも増やさないことが重要なのだ。
ものが豊かになりすぎてる証拠だなと思う。
大量生産大量消費の成れの果てって感じ。
それってよくないし、自然じゃないなと思う。
かくいう私もついついむだもらいしてしまう質なので直さないといけないと思う。

ところで母がいるとモノ減らしが進まない。
人が捨てようとするものをいちいちチェックして、使えるものを分別しだす。
私が捨てるっつったらそれはもうごみなの!
もう家族に見られないうちにごみに出すしかない。
明日も雑誌を捨てる作業をする。

category: 掃除・物減らし

tag: コピペ 
tb: 0   cm: 0

コピペ 結婚できない子供を育てる親の特徴  

喪女板住人なんですが、「喪女と彼氏持ち女、どこで差がついたか」というスレにリンクが貼られていた、冠婚葬祭板の「結婚できない子供を育てる親の特徴」というスレのテンプレがものすごかった。
なんかもう当てはまりすぎて学問的に成立するんじゃないのと思った。
これだけ分析が進んでれば学問の世界でも役に立つのではないか。
何学かわからんけど。
以下テンプレのコピペと自分が当てはまっているかどうかをチェックしてみる。

2 名前:テンプレ :2011/09/16(金) 16:29:10.25
結婚できない子供を育てる親の特徴
○・夫婦仲が悪い→厭婚観を植え付ける
×・ヒステリー
○・妻が夫の、夫が妻の悪口を、子供に吹き込む
○・夫婦共に自己中で、歩み寄る姿勢がない。
○・自分の結婚が不幸なのは、自分に非はなく、配偶者のせいだと思っている。
○・互いの実家や親戚を罵る
○・夫に家庭を築く意欲が薄い。だから妻より肉親を大事にしたり、家を建てなかったり。
×・夫で満たされない妻が、子供に過干渉(過干渉は、子供の自立心をそぐ)
×・教育にしか関心がなく、エロやオシャレに興味を持つことを抑圧
×・子供が学歴をつけることだけが楽しみ
○・子供の幸せな結婚への思いは皆無(自分の結婚が不幸だから、そこまで思い至れない)
父親のみ○・オシャレや化粧に関心を持つことを「色気づいて」と馬鹿にし、恥ずかしいことと認識させる
×・女の子の髪はショートに強制
×・子供を太らせる(外見に気を使ってあげない一例)
○・子供の服装もセンスもダサいまま、異性に自信がないまま育つ
○・外見の重要性をわかっていない。「人間は内面だ」と本気で思っている
○・家の中に、色恋事を話せる雰囲気が一切ない。いわゆる堅い家庭。
×・学生の本分は勉強だ、恋愛など以ての外と言い、適齢期が過ぎると「相手はいないの?」
○・親の子供への愛情はある。ここがミソで、親の愛情を受けられなかった子は、温かい家庭に憧れ、
結婚願望が強くなる。しかし、親からは愛され、両親の不仲を見ていると、「結婚なんてこんなもの」と幻滅する。
×・お宮参り、七五三、ひな祭り、といった行事をやらない
×・先祖の墓参りをしない
○・妻が料理下手(賢くないので料理が上達しない)
○・すんなり結婚できた(だから、子供が難儀するとは思わない)
×・妻が超美人(素顔で超美人なので、化粧したがる娘の気持ちを理解しない。夫は超美人さえないがしろにする冷血)
×・世間体を異様に意識しており、自分を人より良く見せようと必死
→それを見て育っている子は同じく世間体に関わる条件部分のみで人を気に入ったり、ボロカスに貶して見下したり。
結局、親子そろって他人に自慢できる要素を求め、身近な他人を見下している。
→一流企業会社員、高学歴、医者・弁護士、金持ち、美人、良い家柄の子女、上流階級、
土地柄の良い地域の出身etc と結婚しないと恥ずかし・・


以下は男性が結婚できない場合だが、これにも当てはまる項目が多かった。

3 名前:テンプレ :2011/09/16(金) 16:32:04.29
結婚できない男の父親に共通して見られる特徴
×・職業は公務員、あるいはホワイトカラーの会社員
×・学歴至上主義
○・人を学歴で判断する
×・ブルーカラー、自営業者を嫌悪する
○・社会的少数者に対する差別意識が激しい
○・勉強さえできれば社会に出ても安泰だと信じている
○・コミュニケーション能力を軽視する
?・恋愛は学生のするものではないと思っている
○・漫画やゲームを毛嫌いする
○・バラエティ番組が嫌い
○・超保守的
×・生真面目
○・流行のものや新しいものが嫌い
○・飲み友達や趣味仲間がいない
○・偏屈で面白味が無い
○・家に友人や会社の親しい同僚を連れてくることはまずない
○・家では電話に出ようとしない
○・家では客が来ても応対しようとしない
○・見栄っ張り
×・世間体を病的なまでに気にする
○・子供から「こんなのがよく結婚できたな」と思われる
○・他人の悪い面ばかり見る
○・家で会社での出来事や面白い話をしない
○・すぐにムキになる
○・冗談が理解できない
○・遊び心がない
○・物事を損得勘定でしか判断しない
○・思い出を作ることを軽視する

5 名前:テンプレ :2011/09/16(金) 16:37:59.05
こういう親の元で育った子供は、なぜ結婚できないか?

・反抗期が弱い。反抗期は、親から自立するために必要な過程。これが強いほど、
自立心が旺盛で、結婚もしやすい。エロやオシャレを禁止され、それに反発する
どころか、従ういわゆるよい子は、恋愛や結婚と無縁の道をまっしぐら。

・モテない。素材が良くても、ダサい奥手はダメ。

・恋愛デビューが遅い。普通の子が、失敗から学習したことがないまま、
適齢期後期に突入し、失敗して時間切れ。

・恋に恋する。まともな親の元で育てられて、結婚の幸せが理解できる子供は、それを求めて、
年頃には結婚向きの異性を選ぶが、そうでないので、結婚の幸せがわからず、それを求める
気持ちも起こらない。その代わり、恋に焦がれ、ドキドキする遊び人を好きになったりする。

・厭婚観がある。厄介なのは、潜在意識に埋め込まれ、自覚がないこと。
顕在意識では、いつかは結婚するだろうと他人事のように思っていたりする。
結婚が、いざ現実味を帯びると、拒絶するが、真の理由が自分でも
わからないので、相手をそこまで好きではないからと、別の理由で納得する。

・恋愛を育めない。恋愛は、コミュ力や人間力が最も問われる試験。相手の気持ちを
洞察する力や、短所も受け入れる器の大きさ、居心地のよい空間を提供する能力
などが必要。親の自己中の血を引いてるので、まず、生まれつき、能力不足。
いいなと思った人には、仲良くなっても結局振られるが、その理由が、自分ではわからない。

・雑魚にしか好かれない。恋愛を育む能力が低いので、自己中の自分を盲目的に
好きになってくれる相手、つまり、かなり格下の異性にしか相手にされない。

・親の指示がないので、結婚を考えない。勉強にあれほどうるさかった親が、結婚には
ノーコメント。だから、考えないまま適齢期が過ぎる。まともな子供は、自立心から結婚を
考えるが、こういう子は、自立心がなく、かつ結婚は墓場と思ってるので、自発的に考えることはない。

コピペは以上。
たしかに反抗期がなかった。
いい子ちゃんだった。今もか。
最後のテンプレの「雑魚にしか好かれない」は喪女なのであてはまらないが、他は全部心当たりあり。

喪女であることを何も親のせいにしたい訳ではないが、こう体系的に整理してあると納得してしまう。
以前から両親を見ているせいで結婚に望みが持てないと思っていたがやはり…
でも、両親が不仲で私と同じようなことを言っていた友人は、ちゃんと恋愛して過去に何人もの男性と付き合ってきている。
結局は性格や積極性による部分も大きい。
自分はここからどう打開していくかだよな。

category: よもやま話

tag: mojo  コピペ 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。