monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

なかよしうさぎ  

うさぎとふれあってきた。
P1000184.jpg
二羽がくっつきあってた。
カワイイ。

P1000205.jpg
接写!
本当にふかふかだった。
なんであんなにふわふわなんだろう。
しかもとてもおとなしかった。
鼻が常にひくひくしてるよねうさぎって。
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tag: 生きもの  写真  出かける 
tb: 0   cm: 0

赤い煉瓦をそっと積み上げて  



たまたま東京駅に行ったので写真とってきた。

赤レンガ50万枚を使って創建当時の駅舎復元だって。
この写真はドームの中だけど…
中も外もみんなこぞってカメラ向けてた。

あそこだけ日本じゃないみたいだね。
東京駅のモダンな感じと周りの超高層ビルが不思議にひとつの景色に合わさって異国というよりもむしろ異空間みたいだった。
全部こういうレンガ造りの町並みだったらいいのにと思う

category: ふつうの日記

tag: 写真  出かける 
tb: 0   cm: 0

山に行ったよ  

某山へハイキングに行きました。
半日くらいゆっくり歩いて途中でうどんやお菓子を食べ、自然の空気をたくさん吸ってきた。
夏の山は暑いかと思ったけど、それほどでもなかった。
海より山派。
海は水着を着たくないのとカナヅチだから苦手。見るだけなら好き。


今回もモノレールに乗ったけどやっぱりワクワクした。


なんだかいい感じに撮れた写真。
うーんでも加工感バリバリだな。

category: ふつうの日記

tag: 写真  出かける 
tb: 0   cm: 0

カピバラさん  

昔撮った動物写真シリーズ。
カピバラさん。
DSCN0132.jpg
けっこう大きいよね。
最大のネズミだもんなあ。
意外とひづめがしっかりしている。

DSCN0133.jpg

ぐったりバージョン。
和名がオニテンジクネズミってことは、モルモットと親戚だな。
ウィキペディア情報によると毛が固いらしい。
あとカピバラ以外の呼び方がものすごくたくさんあった。
そんで100頭もの群れを作ることもあるんだって!
想像するとかわいい。

category: ふつうの日記

tag: 写真  生きもの 
tb: 0   cm: 0

孤高のペンギン  

昔撮った動物写真シリーズ。
DSCN0106.jpg
イワトビペンギン。
ペンギンの腹ばいのポーズかわいい。
一羽でこうしてると「孤高のペンギン」って感じがする。
イワトビペンギンは顔が凛々しいしね。

DSCN0096.jpg
仲間たち。
イワトビペンギンについてウィキペディアで調べてきたことを報告すると、ほかの種のペンギンと比べるとやや攻撃的な性格らしい。
そんで、イワトビペンギンには
・キタイワトビペンギン
・ニシイワトビペンギン
・ヒガシイワトビペンギン
と3種類に分けられるそうだ。
じゃあミナミイワトビペンギンはいないの?というと、同じ種とされていたミナミイワトビペンギンがさらに細かく分類されたのがニシイワトビペンギンとヒガシイワトビペンギンなのだそうだ。(諸説あり)

つまり、
        (イワトビペンギン)
         ↓      ↓
(キタイワトビペンギン)  (ミナミイワトビペンギン)
                  ↓      ↓
          (ニシイワトビペンギン) (ヒガシイワトビペンギン)
というわけですね。

この写真のイワトビペンギンはどの種類かなーと思ったけど、キタでないことは確かなんだけど見分けがつかず。

DSCN0097.jpg
こっちはフンボルトペンギン。
テレビとかで見たり、いわゆる「ペンギン」といえば皇帝ペンギンなんだけど、実際このペンギンが水族館では一番よく見る気がする。

たしか、「ペンギンの重さを体験しよう」みたいな場所があって、おもりの入ったぬいぐるみを使ってハトやすずめの重さとペンギンの重さを比べるコーナーがあったんだけど、ペンギンは脂肪なのかなんなのか他の鳥に比べてずっしり重かった。

DSCN0103.jpg
あんなによちよち歩くのに水の中ではすんごい速い!
うまく写真に撮れず。


【おまけ】
usiro.png
後ろ姿。おしりがかわいい

category: ふつうの日記

tag: 写真  生きもの 
tb: 0   cm: 0

アナゴたちの生活  

お休みを使って(毎日休みみたいなもんだけど)水族館行ってきた。
まーーー混んでた!
アナゴがいちばんおもしろかった。
ニョロニョロ注意!







DSC_1136.jpg

オレンジと白のしましまがニシキアナゴで、白に黒の斑点がチンアナゴ。
チンアナゴは顔が狆に似ているからそういう名前らしい。
狆の顔ってそんなじっくり見たことないけど…

奥に砂からすっぽ抜けてる個体がいるけど、結構長いよね。
40センチくらいらしい。
たまに一つの穴に二匹で入ってる個体もいた。
そうかと思えば頭突きしあって喧嘩?しているアナゴたちもいた。

これまた調子のってトイカメラアプリでも写真をとってみた。
lento_20120621172405.jpg
トイカメラで水の中を撮るとちょっと覗き見感があっていいかもしれない。
ニシキアナゴのほうがカラーリングがかわいいな。

lento_20120621172351.jpg
こう、みんな同じ方向を向いているのは潮の流れの方向に体を向けてプランクトンを食べるためらしい。
口をあけていれば食事が口に入ってくるっていうなんともオートマティックな食生活。
これ、ちょっと一日中見てられるわ。

category: ふつうの日記

tag: 写真  生きもの  出かける 
tb: 0   cm: 0

ワオキツネザル  

昔水族館(動物園じゃなくて水族館だったと思う)で撮ったワオキツネザルの写真が出てきた。
DSCF0119.jpg
かわいい。
マダガスカル出身なので寒がりらしい。
太陽にお腹を向けて日光浴するんだって。ストーブに向かっても同じことをするらしい。
そんなことを調べていたついでに「ワオ」は「輪尾」だと初めて知った。
この時の季節はいつだったか忘れたけど、ずいぶん毛がふっくらしてるように思える。
腰かけてるからかなあ。
ワオキツネザルの他の画像を検索してみたらもっとスマートだった。
しっぽがしましまなのがいいよね。さわりたい。
仲間同士で意思疎通するのにしっぽを使うらしいんだけど、白と黒の縞だとやっぱり動かしたときに見えやすいからなんだろうか。

動物園行きたいな。それか花鳥園。

category: ふつうの日記

tag: 写真  生きもの 
tb: 0   cm: 0

自然に触れてきました2  


トイカメラアプリで撮った写真をもう一枚。
やっぱりオシャレっぽくしすぎの感がある。
でもこれはこれでポストカードにありそうかなと思った。

ロープウェイは鉄塔を通過するときに少し揺れたけど、それ以外は恐くもなく、いたって快適だった。
途中ロープウェイ同士がすれ違うときに視覚的にものすごく速く感じたけど、乗っている感じではそうでもないんだよなあ。不思議だ。
展望台までは第1、第2の2つのロープウェイを乗り継いだんだけど、前者は4分、後者は7分という極めて短い時間で標高2200メートルまで行けるなんてすごい。

そういえば、展望台に登ったとき、周囲をすべて山に囲まれていたので360°の写真が撮れるアプリをダウンロードしておかなかったことを後悔した。

今はまだ雪が残っていたけど、夏の山も見てみたい。

category: ふつうの日記

tag: 写真  出かける 
tb: 0   cm: 0

自然に触れてきました  

奥飛騨の、中部山岳国立公園に行ってきました。
ロープウェイに乗って、展望台まで行き、穂高連峰の山々を眺めた。
fc2blog_20120528012627a47.jpg
奥に小さく見えるのがロープウェイ。
2階建てのゴンドラは日本で唯一らしい。

標高2200メートルからの眺めは圧巻だった。
まだ雪が残る山はとても美しかった。
雲が近い。
自然を見るといつも人間なんてとても敵わないなと思う。

おまけ
fc2blog_20120528012817809.jpg
トイカメラアプリで撮った、ロープウェイ乗り場の外にあった芝桜。
トイカメラアプリって簡単にそれっぽい写真が撮れて便利だけど、ちょっと加工しすぎ感があるね。

category: ふつうの日記

tag: 写真  出かける 
tb: 0   cm: 0

孤独なお花見  



近所の桜を見てきました。
音楽を聞きつつ30分くらいぼーっとしてた。
近くでテニスバッグを背負った男子高校生二人が自転車を止めてお花見をしていて和んだ。
いいなー楽しそう。
男子二人ってとこが純粋に桜を楽しんでる感じがしていいよね。
他にも強面のお兄さんがバイクを停めて写真を撮っていたり、老夫婦が散歩していたり、犬を放して自由にさせてる人がいたり、のどかな風景だった。
わざわざ人の多い所に行かなくてもお花見ができる。
やっぱ日本人は桜好きだよね

category: ふつうの日記

tag: 写真  出かける 
tb: 0   cm: 0