monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

何かを始めるということについて  

どうしようもない記事に拍手ありがとうございます。励みになります。

刺繍を始めたいと思っていて、それというのも好きな作家の津村記久子さんが刺繍にはまっているというのを見たからだ。
なかでも刺繍した布をワッペンのように仕上げて安全ピンをつけブローチにするというのがやりたい。
本屋さんに行き、かわいい図案がのっているものをピックアップして、さんざん眺めて、用意する道具をチェックし、

本も道具も何も買わずに帰る

というのを5回くらい繰り返している。

この5回の間に始めてしまえば今ではブローチのひとつでも完成してたかもしれない。
でも、できていない。


私は死ぬほど手先が不器用だ。
生まれついて不器用なことの他に、ろくに手先を使ってこなかったというのが大きい。
家庭科の縫い物系はいつもビリでむしろ独力で完成したという記憶がない。
完成途中で持ち帰った弁当バッグ、エプロン、ナップザック、フェルトの羽織もの…
恐ろしいことに記憶とは捏造される代物で、学生の頃私はしっかりしてるキャラだったので、当然裁縫ができない方だとは自分でも思ってなかった。
今にすれば家庭科で必要な通り一遍のことは男子以下でほとんど何もできなかった。今もできない。
一種の思い込みだよな。不思議。

関係ないけどほぼ捏造の家族ほのぼのエピソードを作文だか日記に書いてクラス通信に載せられたりしてたことも甦ってきた。
それも罪悪感なしというか、無意識に理想を書いたのかもしれない。
今思うと色々と恐ろしい。
ドラマやCMのように、母から子に生活の中できちんといろんな事を自然と教えられてる家の子供ぶってたと思う。

あと針との苦い思い出といえば羊毛フェルトを始めようとしてすぐ諦めたことだ。
羊毛フェルトでマカロンを作るキットを買ってきて、完成したのがゲームのポップンミュージックで音符として上から落ちてくるハンバーガーみたいなやつにそっくりで、(調べたらポップ君というらしい)そして思ったような楽しさも達成感もなかったのでそれ以降手をつけることがなかった。

このような経験に基づいて、刺繍もせっかく道具を揃えてもすぐやらなくなるのではないかと自分を疑っているのだ。
だってあの木の輪っかとか買って持て余したらどうするの。

ふと思ったけど、私は自分に自信が無さすぎる。
というか、自分に信用が持てなさすぎ。
刺繍なんて一人でできるんだし勝手に始めればいいのに挫折が怖くて始められない。
こういう性分が人生をつまらなくしてるし何もうまくいかない原因であると思う。
悩んでる時間が無駄であることは明らかなのに。

また何も達成できない盆休みを過ごすんだろうな。
スポンサーサイト

category: よもやま話

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

コールスロー  

ってまずくないですかあれ…
昔給食に出るたびに散々私を苦しめた細切れのキャベツたち…
あれにちょっとすっぱい味がついてるせいで…(自粛)
つい先日そんなコールスローにふたたび出会った。社食で。
極力食べ残しはしない主義なので残さず食べたけど、やはりおいしくはなかった。
でもこれを完食しようとしている自分に大人になったな…と一人感慨をおぼえた。
「大人になった」と感じるのが、酒が飲めるようになったときでも初任給をもらったときでもなく「コールスローを完食したとき」であることにささやかな驚きと情けなさを感じるけど、なるほど目に見えて大人を自覚できることなんてさほどないのかもしれない。

・給食の思い出
とにかく残すこと・苦手なおかずの配膳を断ること・人に与えることが許されなかった。
今でこそおいしいと思って好んで食べるけど、昔はサラダ類が苦手でそれは苦労した。
小学生の私はどうやって残すかが毎日の大問題だった。
食べ物を粗末にするのは本当に恥ずべき行為だし今では決っっっしてやらないけど、当時の私は担任の目を盗んで袋に詰めて焼却炉に捨てにいったり、とりあえず口に含んでトイレでこっそり吐き出したりとか色々やった。
中でも最悪で今でも思い出すと胸が痛むのは、わざと誰かとぶつかってこぼすという手法だ。
これはもっとも苦手なヨーグルトサラダ(ヨーグルト、野菜、みかんが混ざっている・ヨーグルトが野菜の水分でびちゃびちゃ・あれにちょっとすっぱい味がついてるせいで以下自粛)のときに一度だけ用いた方法だ。
食缶が空になって全員分配膳し終わってからやらないと、またよそられてしまうのでタイミングが重要になってくる。
懺悔懺悔…
もちろん、いつもいつもこんな姑息なことをしていたわけではなく、だいたいは味の濃いおかず:嫌いなおかず=3:2くらいの割合で口に含んで無心に食べていた。
そう考えると、義務教育も楽ではなかったな…

思うに、今は野菜っておいしくなってると思う。
昔の野菜はもっと野菜野菜しててその辺の草と大差ないのではと思ってたけど、最近の野菜は確実においしい。
糖度が高いとか謳われているものでなく普通のものでもかなりのクォリティだと思う。

これから大人になるってどういうこと?と聞かれることがあったら、コールスローが食べられるようになったときだよと説明しようと思った。

拍手くださる方、いつもありがとうございます。

category: よもやま話

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

文房具の話  

文房具の話。


無印のノートにフリーペーパーを入れてパンダノートを作った。
少しオリジナリティが出ると嬉しい。
この表紙がファイルになってるノート、いいよね。
単純にいろいろはさめて便利だし、このように表紙をカスタムできる。
コラージュとか得意な人はもっといろいろできる。
私はそういうのまったくもってできないが…

それとかわいいスタンプ持ってたの忘れてた。

「こどものかお」というシリーズのスタンプ。
これはキウイだね。
ひとつ200円ちょっと。
持つ所がスポンジだから安価なのかも。
これの動物シリーズがかわいくて、他にペンギン、うさぎ、カエル、バンビなどを持っている。
断捨離を始めてからコレクションはやめてしまったけど、思い出したらまた集めたくなっちゃった。
でもとりあえず我慢。

シールやマスキングテープも集めてたんだけど、これまた物を増やさないと決めてからは買わないことにしている。
お店で見ると欲しくなるし、別に買ってもいいんだけど、自分に負けたような気持ちになる。
だから最近は買わない。

でも、昔集めてたキャラもののメモ帳とかやっぱりカワイイんだよなー。
サンエックスのキャラグッズなんかことごとく集めてた。
今サンエックスはリラックマ一強だけど、大スターのたれぱんだを始め昔はもっとニッチなキャラクターもたくさんいた。
今もいるんだろうけど。
懐かしいなあ。おこづかいをやりくりしてたまの週末に駅前の店に出向くのが楽しみだった。
あの頃の気持ちとか忘れてしまった。
大人になって、お金で何とかなるものはそれなりにすぐ手に入れてしまえるようになった。
それと世の中が便利になりすぎて、欲しいと思ったらすぐネットで注文してしまえたりする。
人々は欲望の我慢が苦手になってきてると思う。
昔はよかったとか懐古する人がそう思う理由はこれじゃないかな。
大して長く生きてない自分ですらそう思うんだから。
望みが叶い過ぎるというのも考えものだ。

category: よもやま話

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

拍手コメントありがとうございました!  



前回の記事に拍手コメントありがとうございました!
生まれて初めて拍手コメントというものをいただいて感無量です。
こんな僻地のブログなぞ読んでいただいて…
コメントをもらうことがこんなにうれしいとは知らなかったので、私もよそのブログに積極的に拍手だけでもしていこうかなと思う次第です。

今日は少し涼しかった。
私は夏が嫌いなので早く秋になればいいと思う。
でも残暑が厳しそうだ。

9月と言えば思い出すのは運動会だなあ中学の。
どうして居残りまでして応援グッズやら垂れ幕やら作らないといけないのかなと思っていた。
勝っても負けてもどうでもよかったしな。
運動音痴で気が弱いと小中はわりと嫌な思いをする。
しかしながらたぶん、あの時クラスを仕切っていたような人が今世間では求められてる人材なんじゃないかな。

全然関係ないけど、今日店でアイスコーヒーを飲みながらぼうっとしていたら、近くの席の高校生とおぼしきギャルっぽい二人組が、自分の知り合いのヤンキーがいかに地元で幅を利かせているかについて競うように話していた。
知り合いがヤンキーって未だにステータスになる事柄なのか…
もう流行らないと思っていたよ。ヤンキー文化。
元締めが~とかそんなに自慢できることなんだな。


うろこ雲がでておりました。

category: ふつうの日記

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

思春期の話  

しばらく放置していた。
最近はモノ減らしも滞っていて全体的に人生停滞気味。

今日はジーパンを捨てた。
捨てたとは言っても、適切な回収日を待たないといけないので厳密には手放せていない。
あとは使い道のないジッパー袋を捨てたくらい。

最近洋服を買ったりしたんだけど、やっぱり過剰包装どうにかならないかなと思う。
靴下を買った時は袋を断った。
ユニクロで袋入りのパンツを買った時も外袋を断ったら店員さんちょっと意外そうだったな。
すでに袋に入ってるんだし、わざわざさらにビニールに入れなくたっていいよね。
余談だけど綿のボクサーパンツは気持ちいいので愛用している。

下着と言えば、今日は休みだったので洗濯をした。
自分でも変だと思うけど、親に下着を見られるのが嫌で、文字通りいつも「鬼の居ぬ間に洗濯」をしている。
思春期に親と下着を買いに行くというイベントが発生しなかったためにこんな事になり、今に至る。
たぶん、一般的には、小学校高学年~中学生くらいの頃に、
「お母さん、私ブラジャーしたい!」
と申告する時期があって、それで買いに行くというパターンなんだと思う。
しかし私はそれが言えなかったので、さすがに手に入れなければと思った時にコンビニ受取ができる通販で下着を購入した。
サイズも自分で調べて測った。
思い返せば、リア充な友達は中学生の頃にブラジャーデビューしたとか言ってわざわざ見せてくれた。
しかもおしゃれな店で買った中学生らしくも今風のやつで、それが羨ましかったなあ。
今も目に焼き付いている水色にキャラクターが散った模様。
そこで一緒に買いに行けばよかったんだろうけど、やはり恥ずかしかった。というか今でも恥ずかしい。
正直、こういうデリケートな話題が苦手だ。
女子同士では平気でそういう話したり、胸を触りあったりするノリとかあるじゃん。あれが無理。

結局親にも心を開けないままずーっとずーっと来てるから、人との距離の取り方もよくわからない。
どのくらい近づいていいかわからないんだよな。
だから友達も嫌いなわけじゃないのにすぐ疎遠にしてしまう。
自分を出せないから好かれもしないし嫌われもしない。

最近自分のそういう所が本当に虚しくなってきて途方に暮れるんだけどどうしたらいいかわからない。
とりあえず今いる友達だけでも大事にしようと思っている。
人間関係に関して、「やったほうがいい」と思うことはなるべくやるようにしようと思うんだけど腰が重いんだよな。
「こうしたい」と思うことも言えなくて後悔してばかりだ。
こんなんじゃ脱喪なんてとてもじゃないけどできないよね。

本当に大人なのに悩みが幼くて情けない。
しかも久々に書いたブログが下着の話ってどうなんだ。

category: よもやま話

tag: mojo  思い出話 
tb: 0   cm: 0

捨て報告12/12/9 青い鳥文庫の思い出  

気が付けば12月で、今年のモノ減らしも気合を入れていこうと思う時期になりました。



さて、今回は小学生のときによく読んでいた青い鳥文庫の本12冊を手放すことにしました。
はやみねかおるさんの夢水清志郎シリーズと、松原秀行さんのパスワードシリーズが好きだった。
だいたいは図書館で借りて読んでたんだけど、いくつかは自分でも買い集めたものがまだあった。

夢水清志郎シリーズはNHKで双子探偵というタイトルでドラマ化されたけど、原作は三つ子なんだよね。
たまに「う~~ん???」と思うようなトンデモトリックがあったりするんだけど、キャラクターがそれぞれ個性があって面白かったのでよく読んでいた。

パスワードシリーズは、頭もきれて美人という設定の「ネロ」に憧れた。
通信塾の掲示板?(今で言うチャット)で出会った5人の小学生がオフでも知り合いになっていろんな事件が起こるという話。
今は昔ほどチャットとかも珍しくないもんね。時代の流れだな。

これらのシリーズって完結してるんだろうか。
パスワードシリーズには中学生編があると小耳にはさんだんだけど…

ところで余談ですが、写真の箱はティッシュ箱の上の面を対角線上に切って内側に貼りつけた本箱で、コミックや文庫本がちょうど立てて収まる大きさです。
01.png
(クリックで拡大)

奥行きがある本棚に本を詰めるときに一気に取り出せて便利。
私は面倒くさがりなのでティッシュ箱の柄のまま使ってるけど、器用な人は画用紙やマスキングテープで加工したらいいかもしれない。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告  思い出話  書籍 
tb: 0   cm: 0

捨て報告12/10/1  


【捨てた・10/1】
・りぼんのふろくのポストカードファイル(写真…『あたしはバンビ』?)
・カレンダーポストカード12枚
・使わない手帳のリフィル
・写真立てのいらないパーツ

あたしはバンビって懐かしいけど、どんな話だったか全然覚えていない。
槙ようこさんだと読みきりの双子の話が好きだったな。
『14R』っていう読み切り集を持ってるんだけど、表題の話が中学生が主人公にしてはちょっとアレだった。
作者いわく「ステキシーン」が多いってことだけどさ、中学生だろ…
真面目な眼鏡っ子が不良と恋に落ちる話。
でもこれ小学生か中学生で読んでたら特に疑問を持たず、自分もイケメンの不良と…などと思ってしまうかもしれない。
現に小学生の時は中学生や高校生になったらりぼんに出てくるお話のような恋愛をするもんだと思ってたよ。
妄想だった。

少女漫画に対して結構な頻度で思うのは、女の子が男の子を好きになる瞬間とかは描かれているんだけど、逆は根拠がいまいち薄いということ。
男目線でも「ヤベェ…惚れたぜ…」みたいなシーンを描けばいいのに。
こいついつの間に主人公のこと好きになったの?と思うことが多い。
もう恋愛ものの少女漫画は読めないだろうなあ。

category: 掃除・物減らし

tag: mojo  思い出話 
tb: 0   cm: 0

大量のミニ消しゴム  



なつかしい!
ミニ消しゴムがたくさんでてきた!!
しかしどうしようこれ。
ちょっと捨てるのは惜しいなあ

関係ないけど、今↑こういう絵文字を集めるのが好きなのはミニ消しを集めていた名残かもしれない。

category: 掃除・物減らし

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

久々の使い切り報告12/7/12  

ブログ畳もうかなと思ったけど思い直したのです。
使い分けているブログ、SNSと同じ分だけの自分が存在するのです。
もはや多重人格の域だけど…笑

で、最近の使い切り報告。
・レターセット
・メモ帳
・しずくちゃんシール

どれも昔買って活躍の場がなかったものたち。
最近それらを積極的に活用するようにしている。
シールも一生分ある。
今回は卓上カレンダーとか無理矢理いろんな所に貼ってみた。
かわいいメモ帳もたくさんあるんだよなー
身近に子供がいたら譲れるんだけど…

それにしても最近キャラもののメモ帳って減ったような気がする。
私が小学生くらいの頃はサンエックスキャラクターがおそらく全盛期で、グッズや文房具がそれはそれは豊富に出ていた。
たれぱんだ、こげぱん、アフロ犬などがその類。
今もサンエックスグッズはたくさんあるんだろうけど、キャラの勢力はリラックマ一強だよね。
私はリラックマよりたれぱんだやこげぱん、にゃんにゃんにゃんことかの方が好きなんだけどなあ。

最近の女子小学生~中学生向けの文房具って言うと一期一会とかのポエムが書いてあるシリーズなんかが多いんだろうか。
サイン帳とかね…懐かしいなあ。

【追記】
これがしずくちゃんだ!

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告  思い出話 
tb: 0   cm: 0

捨て報告12/5/21 リカちゃんあせって…  

またテンプレートを変えてしまった。
このブログは結構コロコロ変えてるなー。
FC2はテンプレートの種類が豊富で楽しい。
って毎回言ってる気がするけど笑

【捨て5/22】
・使い終わったメモ帳
・シール11枚
・くるりんシール
・FAXパッド2冊
・使いかけノート6冊
・高校受験時のノート

メモ帳以外は正直まだ使えるものだったけど、一生使わなそうなのでもったいないが意を決して捨てることにした。

高校受験のノートは、覚えておきたいことを虎の巻的に教科関係なくまとめたもので、ゴロ合わせがいっぱい書いてあった。

リカちゃんあせっていた」
り…流紋岩
か…花崗岩
あ…安山岩
せ…閃緑岩
げ…玄武岩
は…斑糲岩
が火山岩の覚え方で、

「流産安産元気な子」
流…流紋岩
安…安山岩
元…玄武岩
がその中の火成岩の覚え方らしい。
こんなのとっくに忘れてたなー。

他に、
593年  聖徳太子はコックさん(593)
1333年 一味さんざん(1333)鎌倉幕府滅亡
1857年 一発こな(1857)ごなインドの反乱
1467年 いじるな(1467)応仁の乱
1776年 イ(1)ギリスがなあ(7)なあ(7)でム(6)カついたのでアメリカ独立
1837年 いやーん見な(1837)いで大塩平八郎の乱
1917年 生稲(1917)晃子がロシア革命…これは有名ですね。

最近暗記というものをめっきりやらなくなったから脳の働きが落ちてるのかな。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告  思い出話 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。