monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

捨て報告15/4/26  

さて、『捨てる女』の影響により、捨て心が復活した。
ブログ村をやめてしまったので、このブログも掃除メインではない内容に今はなってるけど、物減らし活動は地道に続いています。

捨て報告(というかゴミの日・回収待ち)15/4/26
・本21冊
・洋服数点
・使い古し電池
・フリーペーパー
・仕事関係の不要な書類

本は古本に持っていくかと思って長らく放置していたものなんだけど、大した額にならなそうだし、根底にある気持ちとしては「もったいない」だったので、資源ごみに出すことにより罪悪感を軽減。
また、ネットで見たしばり方を駆使し、今までよりギュッと結べるようになった。
簡単に説明すると、まず本の縦右半分が机からはみ出るように置く。
紐を持った左手を本の上に置き、机からはみ出した部分に紐を2周ほど巻きつけて2回かた結びをする。
紐を切らずに左に90度回転させて今度は短辺を同じように縛って蝶結びなどして完成。
左利きの場合は逆。
言葉だとうまく説明できないけど、「本 縛り方」などで検索すると出てくるので参考にされたし。
むすんでもユルユルになるストレスが軽減されてたくさん縛りたくなる。

服はそのままの状態で縛って同じく資源ごみに出せることが分かった。
自治体で作っている「ごみの出し方ガイド」みたいな小冊子が一冊手元にあると便利。
それで使い古し電池を持っていくリサイクルボックスの場所もわかった。
ついでに小型家電(電卓や携帯ゲーム、アダプター、コード類)も同じように自治体で無料リサイクルボックスを設けていることが判明し、コード類に関しては今度出てきても大丈夫と気が軽くなった。

フリーペーパーは基本的に読んだら捨てないとダメですね。
有用な情報はメモかスクラップをと思っても結局面倒になってやらないし…

仕事の書類は捨て方に困るけど、個人情報や機密情報ではないので雑紙に入れることにした。
機密情報はそれ専用の処分サービスがあって、運送会社でもやってたりするけど、手間やコストを考えると個人ではなかなかね。
友達同士などでやりたい人を募ってやればいいかもしれない。
でもそんなニッチな需要を満たしてくれる友人知人はおらず…


話が少し変わって、プリンターを捨てたいと思っていて、例の冊子をめくっていたら不燃ごみで出せることが判明したので、思い立ったが吉日とばかりに次の不燃の日に必ず出す気でいる。

なぜこんなに物が多いんだ。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/12/30  

年末洋服整理の記録
(捨て12/30)
・半袖シャツ
・長袖シャツ
・着すぎて色褪せてほつれたジャケット
・明らかに似合ってない色のカーディガン
・すごく昔に買って使ってないサスペンダー
・家でしか着ないパーカーの取れるファー部分
・上着の取れる襟
・Tシャツ2枚
・ポロシャツ
・ペチコート?と言うのかよくわからないやつ
・カットソー

服って減らしすぎても困るんだけど今は私服もさほど必要ないからもう少しでいいかなと思う。
今年は物減らしがあまり捗らなかった。
と言うよりはだいぶ所有物が減った。
まだ減らす余地はあるけど。
問題は家族の目を盗んで捨てなきゃならない物の数々だ。
それを考えるともうそういうものはこの家に置いて引っ越してしまった方が早い気がする。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

水筒を洗う  

水筒の茶渋と、底がちゃんと洗えているのか気になって気になって仕方のない日々を送っていた。
ロフトのキッチンコーナーでこんなものを見つけて買った。

水筒を洗うための孫の手状の棒は600円くらい、右のパッキン等を洗う小さい棒は200円足らずだった。
今日はとりあえず緑の水筒洗いを使っていたら家族が帰ってきて流しを譲らなければならなくなったのでパッキン洗いは試せなかった。
ところで今パッキン洗いと変換したらパッキン新井と出てどこのハガキ職人だよと思った。

緑の棒はさすが孫の手状になっているだけあって底のふちの汚れが落とせてよかった。
ただ棒の曲がっている部分だけ汚れていくので、表裏汚れたら終わりになってしまう。
器用な人はこのザラザラの布を仕入れて自作したらいいかもしれない。

無印のタンブラーを使っていて、その汚れも気になってたけどきれいになった。
嬉しい。
逆にこういう商品がなかった頃の人々はどうやって水筒を洗っていたのだろう。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/9/14  

昨日からの鼻炎がひどい中、今日も掃除をした。

捨て報告9/14)
・音楽CD-R 30枚ほど
・柄付き布テープ2巻
・スタンプ6個
・小さいスタンプパッド
・ipodを買った時のケース
・羊毛フェルトキット(向いてなかった…1個だけ作って断念)
・プレゼント用ビニール袋
・紙袋
・コームセット
・CDケース(裸のCDを収納するやつ)
・ぼろ巾着
・ミッキーの帽子ピン(ディズニーランドで買ったもの)
・革ブレスレット(同上)
・リングノート
・期限切れ保証書

CDRをだいぶ処分したんだけど、これ本当は全部手放してもいいような気がするんだけど、まだそこまでの領域に精神力が達していない。
最近はCDをいちいち焼くということをしなくなったから増えないけれど、昔はいちいち形に残していたんだなと思う。
今はダウンロードという手もあるし、ハードディスクに残せるからCDを焼く人も減ったのではないかと思う。

布テープはここ1年くらい捨てよう、いやでも…を繰り返していたんだけど、今日見たらやっぱり使わないし(現に迷っている間一度も使わなかった)ということですんなり捨てられた。
その時は捨てられなくても、そこからまた少し時間が経つとためらいなく手放せるということはよくあるので、「捨て候補箱」みたいなものを作っておくのもいいかもしれないと思った。
本当は素早い取捨選択がいいんだろうけど、人間ってそんなに心が強くないもんね。
住環境を整える活動にあんまりストイックになるのもそぐわない気がするし。

ディズニーで買ったグッズもやっと手放せた。
たぶん10代のときに友達との付き合いで買ったんだと思うけど、お出かけ関係は物より思い出を残していきたい。

捨て報告」タグの記事を見返していると結構物を減らしてきたなと思うけど、部屋自体はそこまで綺麗になっていない。
それだけ所有物が多いのか、減らすのを上回るペースで物が増えているのか、原因はよくわからない。
ひとつ言えるのは、
・自分の物が何一つ入っていない箪笥
・使わないエレクトーン
・壊れたパソコンとプリンタがいつまでも乗っているラック
の3つが片付かないので、部屋の空き面積が広がっていかないということだ。
捨てるのに手間がかかるものはいらないと思いつつ持っていることも、捨てることにもエネルギーがいるので非常にやっかいだ。
だから捨てる前に家を出てしまおうと考えているけど何の解決にもなってないんだよなあ…
あーあ。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/9/13  

またぼちぼち片付けを始める。
精神状態が悪い→部屋が荒れる→さらに気が滅入る
という悪循環を断ち切るのだ。

捨て報告9/13)
・いつ入手したのかわからないキーホルダー複数
・壊れたプリンターのインク(リサイクルへ)
・壊れた折り畳み傘
・書けないペン5
・写真印刷用紙
・ボロのクリアファイル
・フリーペーパー数冊

図書館にて、これぞ元祖であるやましたひでこさんの本を借りた。
これだけ長い間ちまちま物を減らしていて、ここまで読んでいなかったのも不思議な話なんだけど。

また季節が変わるので、衣類の整理をしないといけない。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/7/26  


なんだってこんなに暑いのだろう。
汗をかくという行為そのものが嫌い。
そんな中、所有物を減らしたくなって、少し整理をした。
今日は身に着けるもの、ポーチ編。

(捨て7/26)
・もう相当昔の目薬×2(ほとんど入ってない)
・マスカラ(ほとんど入ってない)
・カミソリ(錆び)
・爪磨き
・折り畳みブラシ
・歯間ブラシ
・コンパクト×2
・携帯歯ブラシセット×2
・あぶらとり紙ケース
・くしと鏡のセット
・BBクリーム(品質劣化)
・おもちゃの指輪
・ピアス除菌シート
【ここから写真のもの】
・ネックレス×3
・飾りつきヘアゴム×3
・ブレスレット×2

写真にのっているものはいわば10代の思い出?だ。
こういうものをいつのまにか身に着けなくなったことに時間の経過を感じて感傷に浸る。
どれも当時は欲しいと思って買ったのにね。
少ない小遣いを持って少し遠くの店まで行って、どれにしようか、買うか買わないか散々悩んでさ。
社会人になってそういう気持ちを忘れていたし、もう戻ってはこない。
それが年齢を重ねるということなのだ…
そして身に着けてウキウキしてみたことなんかもあったんだろうけど、その気持ちもすっかり忘れてしまった。
同じ家に住み続けていれば、歳を取るごとにものは増え続けていくし、気を付けなければ際限なく増える。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/6/9  


ごみ写真ですみません。
一袋分の服を処分する。
ユニクロの服は店舗に回収箱があった気がするからそこに投げてくる。
たしかユニクロ製品ならなんでもOKだったはず。
本当に、この国はモノに溢れてるけど、こうやって捨てられたものたちもそれ以上にたくさんあるんだなと思うとどうすることもできないことに気が遠くなる。
豊かすぎて怖いと感じるのは自分ではないはず。
いつか来るはずのしっぺ返しにおびえているんだと思う。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告 雑誌切抜き/紙もの編  

久々に掃除をした。

・雑誌の切り抜きの処分
仕事で家にいる時間が短く、週に一度の休日は庶務で外に出ることが多かったため、ここの所部屋が荒れに荒れていた。
そして、前々からやらなきゃやらなきゃと思っていた音楽雑誌の切り抜きファイルの整理をした。
ポケットファイルが4冊と、整理せず詰め込んであるクリアファイル数冊。
切抜きって、取っておいても見ないものランキング首位に限りなく近いと思う。
でも、捨てられないんだよな。
今日もさすがに全部は処分しきれなくて、解散したグループのインタビュー記事数件と、今いちばん好きなグループのフライヤーだけ残した。
断腸の思いで処分したものもあったけど、大部分は今となってはさほど興味がない記事だった。
おかげでファイル4冊が1冊になった(それでも1冊あるのかいというツッコミは…笑)

・昔の書類
前職前々職関係の書類をごっそり処分した。
履歴書用紙が大量に余っていてもったいないけど周りに欲している人がいないし、履歴書用紙を求職中の人に分け与えるのってちょっと嫌味じゃないかなと思ったりもして…
前職はすぐやめてしまったのだが、その研修資料などを見ていて辛かったあの頃がよみがえってきて、これに比べれば今はまだマシな方だと思わなくてはと思った。
人は比べることでしか今の状況を判断できない生き物だなと思う。
研修ノートだけとっておいて、今辛くなったら見返して「この頃には戻りたくないだろう?なあ自分よ」と自らを鼓舞する道具として使おうと思う。

・暗い思い出
学生時代のエントリーシートの写しを入れたポケットファイルも出てきた。
あと無職時代の応募書類(職務経歴書など)も。
まあESの通った経験もないうちに「シューカツ」をやめた人間なのでさほど数も多くないが。
これらを見て思うことは、全然自分の言葉で書いていなくて、自分の情報が詰まった紙のはずなのにどこにも自分がいないなということだ。
かと言って書きたいように書いたからと言って受かるのがシューカツではない。
一応ESの書き方にも定石みたいなものがあって、私がやってしまった間違いとは、高校の頃のことを書いてしまったこと。
じゃあ大学では何をしたの?ってなるからダメなんだって。そりゃ通らないわ。
少し考えればわかることなのかもしれないけど、質問の内容に合った答えは高校の思い出の中にしかなかったからそれを書いただけなのになと当時は思った。
自分も考え足らずだったけど、そういう「暗黙のルール」をみんなが知っていることが不思議だった。
そういう「暗黙のルールを破らずオリジナリティを出す」矛盾っぷりが肌に合わなくてシューカツのレールを降りた。
逃げたとも言う。というか逃げた。
色々なことを思い出して、暗澹たる気持ちになった。
この時代にも戻りたくない。

紙ものは油断すると増える。
タイミングを失いがちなので、処分の判断はなるべく後回しにしないようにしなくては。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/5/2  

久々に少し断捨離をすすめた。
油断するとすぐ物が増え、捨て心が鈍る。

捨て5/2
・マスコット人形2つ
・壁に貼ってあったお札(バチ当たり)
・大量の試供品(古い)
・もう行かないと思われる飲食店のカード
・ミニサイズ消臭剤(古い)

バチ当たりシリーズで、お守りを神社へ持って行こうと思い続けてできないでいる。

今に始まったことではないけど、家じゅうが物に溢れていて憂鬱だわ。
私も本と服をもう少し減らしたい。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

捨て報告14/1/3  


エンジェルスコープ

正月とか関係なく、むしろ正月だから物を捨てる。
すぐごみに出せないのが難点だが…

(捨て1/3)
・子供だましのエナメルバッグ
・巾着
・シャボン玉セット
・ゲームソフト
・パソコンゲームソフト
・その攻略本
・パソコンゲームのコントローラー
・ペットボトルケース
・子供用ビニールリュック
・カセットテープ
・謎のコード
・エンジェルスコープとかいう携帯ゲーム
・CDスタンド
・うちわ

改めて、「使えるから取っておく」というのは愚の骨頂だということ。
問題は使うかどうかだ。
前も書いたけど、死蔵させて場所をとるほうがコストが高い。
「使えそうだから捨てづらい」の最たるものがコード類だと思う。
そして私は実家なんだけど、年寄りというのはコードとか電化製品の類を捨てるのを渋るので、見られないうちに捨ててしまうのが吉だ。

ところで少し面白い話というか、驚いた話。
私は集合住宅なんだけど、集合住宅内で間取りが全く同じ物件の家の中を見る機会があった。
そしたら…うちって物を減らせばこんなに広いのかとそれはそれは驚いた。
うちには「物置部屋」という本当に人間がいられるスペースが50cm四方しかなくてあとは全部ものという呪いのような部屋があるんだけど、その部屋、普通にワンルーム独り暮らしできるレベルだった。
また、母の部屋も足の踏み場もなくて四方に家具鏡台ベッドがあって人一人座るのがやっとなんだけど、きちんと部屋として機能させてるのを見たら、雑魚寝なら余裕で7~8人いけるレベルだった。
自宅が狭い狭いと思っていたけど、やはり物が多すぎなだけなんだということがわかった。
それで私に与えられているのはベランダへの通り道になっているせいで家族全員お構いなしに入ってくる部屋。
しかも自分のじゃないタンスがある。
頑張れば実家も広くできるんだけど、親との闘争は避けられないし、大量の粗大ごみを捨てる手間暇ストレスを考えると家を出たほうが早いので、今住んでいる家をどうにかする気はない。

『親の家を片付ける』という本がブームだけど、親も歳だし近い将来自分もそうなる。憂鬱。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0