monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

津村記久子「ウエストウイング」再読  

ウエストウイング
ウエストウイング

年末年始、津村記久子さんのウエストウイングを再読した。
店や会社などのいろいろな店子の入ったビルを舞台にした群像劇。
ビルに出入りする年齢性別も違う人々があるきっかけでつながっていくという話。
驚いたことに登場人物はほぼビルから出ていない。
それでもいろいろなことが起こるし、それがいちいち面白い。
なんというか、細かいディティールが。
架空のビルなのに「ありそう、ありそう」もしくは「あったら楽しそう」と思わせてしまうすごさ。

津村さんの小説には、人と人とが些細なきっかけでゆるく繋がる様子がよく描かれていて、それをいつも羨ましく思う。
つながるってよく聞く言葉だけど、携帯会社のCMで聞くようなわざとらしい「繋がる」でもなければ、現代社会の闇!繋がりたい若者!みたいなものではなく、ただそこにいるから、生活圏が同じだから、たまたま人生の通り道が交差したからなどの理由で生まれるやりとりに心が和む。
一言で言えば「隣人感」。
津村さんの本を読むと私も誰かにとってよき隣人でありたいと思うのだ。
必要以上に気も使わないし、かと言って冷たくもない、ほどよい温度感って昨今なかなか得られるものではないからだ。
私もこんなことを言いつつ、まったくの他人と言葉を交わすということはほとんどない。どちらかもしくは双方が仕事の最中であるという状態を除いては。(例:接客、会社の来客など)
自分でも知らない人となんでもない話をしたいのかしたくないのかわからない。
でも、話しかけたいときに話しかけるのが自然な状態なのかなとも思う。
電車で自分もよく行く店の袋を下げている人に「何買ったんですか?」とか、ipodの画面がちらっと見えてしまった時に「そのバンドかっこいいですよね」とか…
そういうのを直接出さずツイッターに書いてしまうのが、元来シャイな気質な上に現代という時代を生きてしまっている日本人の哀しさなのかもしれない。
わからないけど、関西というか大阪のほうが知らない人に話しかける文化というのは色濃いのだろうか。

ラストシーンを頭の中でつい映像で思い浮かべてしまって、晴れた日の空まで見えるような気がしてとても平和な映像だったので、こういう平坦な毎日の中にある決して劇的ではない平和を噛みしめて生きたいものだと思った。
でも難しい。本当に。生きるって大変なんだよ、働くって特に。
そういう時、津村さんの小説を読むと少し心が晴れるのです。

そういえば1月4日に仕事初めをして「ワーカーズ・ダイジェスト」を読みたくなった。
なぜかは読めばわかります。

さらに余談だけど、ウイング=翼というのでルーブル美術館を思い出した。ドノン翼、リシュリュー翼、シュリー翼。
いつもどれか一つを忘れる。
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍  津村記久子 
tb: 0   cm: 0

津村記久子『真夜中をさまようゲームブック』  

美術手帖2015年10月号、春画特集の号の津村さんの小説「真夜中をさまようゲームブック」をやっと読めた。



中はこんな感じ。


ゲームブックって、私はたぶん世代でないんだけど、1冊だけポケモンのを持っていた記憶がある。
各パラグラフに行動の選択肢がいくつか用意されていて、それを順に辿ってエンディングを目指すというもの。
「真夜中をさまようゲームブック」は、主人公が深夜家に帰れなくなるところからはじまる。
これがまた面白い。
いろんな場所へ行ったり、アイテムを手に入れたり、最も面白いのは、「死にエンド」の多さ。
全62パラグラフ中、ゲームオーバーは15パラグラフもある。
私もゴールを目指しながら何度本を閉じよと命じられたことか…
しかもそのゲームオーバーのなり方がいちいち面白い。
一つの行動にこだわりすぎてゲームオーバーを迎えたときに、
「君は依怙地な人間だと言われたことはないか」
という文を目にしたときはもう笑ってしまった。

私はゲームブックには詳しくないけど、とてもよくできている。
しかも途中失敗してもちゃんと物語の真相がわかるエンドに連れて行ってもらえるのも良心的。
ちなみにプレイヤーが男女どちらでもいいように配慮されている。
私は男性のつもりで読んだけど、誰でも主人公になって真夜中をさまよえます。
架空の世界でなく、日常世界がゲームブックの舞台になっているけど、結構楽しめるもんだなと思った。

一応フローチャートを作ったけど、自分にしかわからないくらい汚くなりすぎたのでアップはやめておく。
絶対通るところだけ選んでいけば最短ルートでゴールできるけど、途中自分の判断でなく運試しで進むようなところもあるので、エンディングを迎えるのにそれなりに苦労すると思う。

津村さんはゲームブックにも造詣があったんだなあ。

ところで本編は春画特集だったわけだけど、普通に女性向け大人の玩具の宣伝と言うか記事が載っていて驚いた。
春画は…なんかものすごい世界だよな。
女の人の方が抵抗なく見られるっていうけどうーん現代の女性はきれいなものの方が好きだろうな。
これは昔のものだからこそ受け入れられるというか。

category: 読んだ(本)

tag: 書籍  津村記久子 
tb: 0   cm: 0

3万円あったら何に使いますか?  

普段行かない大きい図書館へ行った。
昔の新聞のコピーを取るため。
今コピーも厳しくて、用紙を書いて1枚申請したんだけど、早速コピーし損じてしまって(というか原稿台に髪の毛が載っていて写ってしまった)2枚とったら、ミスの方はこちらで処分させていただくか、ミスコピーである証のスタンプを押せばお持ち帰りいただけますとのことだった。
著作権とかそういうことなのか、何か難しい大人の事情なのかはわからないけど、なんというか…そこまで管理されるのかと思った。
こんな人畜無害そうなさえない女が資料を悪用するわけないだろ…
まあそういうことじゃなくて、例外を認めると厄介だからすべてを厳しく取り締まるしかないんだろうけどね。
こういうことってよくあるけど、もう少しなんとかならないかなと思う。
先日郵便局で印鑑をなくしたと言って窓口でずっと話し込んでいたおじいさんがいたことを思い出した。
局員さんも10回くらい同じこと言ってた。
まあお金関係はね…詐欺とかあるしね…

で、そのあと中華料理の店に行って上海焼きそばを食べた。
本当は酸辣湯が食べたかったんだけど、残念ながらメニューになかった。
なぜ酸辣湯かというと、昨日読み終わった津村記久子さんの『ワーカーズ・ダイジェスト』で登場人物が酸辣湯を食べる場面が出てきたから。
ちなみに小説自体もすごく面白かった。
津村さんの小説は、「この歳ってもっと大人だと思ってたけど全然そんなことないし、それでいいし、そういうものだ」という共通したメッセージ?があるように思える。
気張らずに生きていいんだという気持ちになるので、派手な小説よりも元気になれる。
社会人になって面白いと感じるようになった。
話がそれたけど、酸辣湯のかわりに食べた上海焼きそばはまあまあだった。
しめじのおいしさを噛みしめた。
壁に貼ってあるチンギスハンの絵の掛け軸がひたすら気になった。帽子?の部分にわざわざ毛(ファー)が貼ってあった。
そもそもチンギスハンと言えば蒙古なわけで…モンゴル…?中華…?
向こうの席では「コロッケのディナーショーにおける3万円という価格設定について」の議論を会社員っぽい男女が交わしていた。
私は高いと思うけど、コロッケさんの芸にはそれほどの価値があるってことなんだと思う。
モノマネで常に新しいことを模索し第一線に立ち続けるというのはそういうことなのだ。

なんだかよくわからない一日だった。
明日からまた仕事だ。

category: ふつうの日記

tag: ソロ活動  津村記久子 
tb: 0   cm: 0

簡易読書感想  

いや、暑い。暑すぎる。
地球がおかしい。
引きこもっていたが、クーラーがないので死にかけた。
でも外に出る元気もない。
そんな中読み終わった本。

婚礼、葬礼、その他
婚礼、葬礼、その他
津村記久子『婚礼、葬礼、その他』
最近本当にこの作家さんが好きだ。
この話も、主人公のキャラクターがとても好き。
突然上司の親族の葬式に呼ばれて出向いていったら、会社の人がみんないて、なんで?休みだよ?と行き場のない怒りと言うかなんと言うかを抱える主人公に共感をおぼえた。
会社の人々がどうも人間として正しすぎてきな臭いというか、もっと皆自分のために生きてくれないとこっちもそれがしづらくて迷惑みたいな気持ちはとても身に覚えがある。

ふたつめの月 (文春文庫)
ふたつめの月 (文春文庫)
近藤史恵『ふたつめの月』
主人公と微妙な関係の男の子と、ミステリとしての部分、その両方が非常にうまく組み合わさっていて、読み物としてとても楽しかった。
その男の子との関係にも感情移入したりしなかったり。
いや、後半は完全に置いて行かれましたけどね。


三つの名を持つ犬 (徳間文庫)
三つの名を持つ犬 (徳間文庫)
同じく近藤史恵『三つの名前を持つ犬』
同じ作者の同じく犬が出てくるストーリーとして、テイストが似てるかもと思って読んでみたら、こちらは扱っているテーマが重かった。
でもミステリ好きなのでとても好み。
男が女に惚れる過程はちょっと理解しかねたけど、どうなるのどうなるのとページを繰らされてしまった。
人物模様とか、前後半で視点が切り替わるんだけど、後半の主人公の葛藤とか人間の汚さとか、そういうものに突き動かされて読み切った感じだ。

近藤史恵さんの他のミステリも読みたい。
図書館に行きたいがあまり時間がないなあ。

拍手ありがとうございます!

category: 読んだ(本)

tag: 書籍  津村記久子 
tb: 0   cm: 0

津村記久子『やりたいことは二度寝だけ』を読む  

やりたいことは二度寝だけ
やりたいことは二度寝だけ

津村記久子さんのショートエッセイ集『やりたいことは二度寝だけ』を読んだ。
非常によかった。家に置いておきたい本だ。

津村さんは「OLの日常小説」とでも言おうか、とにかくしがない会社員が出てくるお話を主に書いている方です。
なぜわざわざ「しがない」と形容したかと言うと、アフター5はおしゃれなレストランで彼とディナー♡とか、エステでリフレッシュ♪とか、合コン三昧☆とか、まるで雑誌の「着まわし30days」に出てくるようなOLさんの日常ではなく、本当に淡々とした会社員の視点による小説が多いからだ。
上司がいて先輩がいてお局様がいて…っていうフィクションだけど現実でありそうな世界、でもやっぱり虚構の世界というのが津村さんの小説の常である。

私がこの作家さんの物語に出会ったのは、たしか『そういうものだろ、仕事っていうのは』というオムニバス短編集に収録されていた『ブラックボックス』という話だったと思う。
自分の元にやってくる書類を絶妙にさばく人が社内にいて、書類の依頼主によっては時にせんべいの缶に葬って出すべきタイミングで出す…とかそういう話だったと思う。
リアルな人間観察っぽくて印象に残っている。
せんべい缶というアイテムの選び方とか妙な現実味とか。
そして先日『ポトスライムの舟』を読んでそれもえらく気に入ったという経緯があったので、エッセイを手に取ったのです。

驚いたのは、(今もそうかはわからないけど)日中は会社員として働き、仮眠を取って夜中に小説を書いておられるということだ。
小説のオフィスがやけにわざとらしくなく現実的なことに合点がいった。
人間やろうと思えばこんなこともできるのだなと感心した。

「なんでもないことを面白く書く」のがエッセイのコツだとは思うけど、もっと言うと「人が気にしていないものに独自の「気付き」を与える」のもエッセイの在り方だと思う。
その分野だと最近読んだ谷川俊太郎さんのエッセイなんかはさすが着眼点が詩人だし、詩人なのに気取っていないわかりやすい言葉だけで書くんだな、いやむしろ詩人だから言葉を選ぶのが上手なのかといたく感動した。
かつてのさくらももこさんも、どうでもいいことを書いているんだけど、その報告のしかたがプロだなと思わせるエッセイを書いていた。
彼女の場合は自分のことを書きつつも、その中身の経験と少し距離をとっているやり方つまり自分のことでありながらどこか客観視して書くということに非常に長けていたから面白いのだと思う。

津村さんもなんとなくさくらももこさんのエッセイに雰囲気が近い。
健康に興味があるところとか(笑)、自分に対して冷静なツッコミや疑問を投げかけているところとか。
スズムシに関する話があったのでさくらももこさんの「スズムシ算」を無意識に思い出してしまったのかもしれない。
それにしても、津村さんなりのこだわりとか人柄が見えて非常におもしろかった。
具体的にはちょこちょこ出てくるメモやマスキングテープなどの文具の話や植物や生物の話が好き。
私も「ずぼらなくせに妙なことにこだわるタイプ」だったりするので、他の人がなんとも思っていないようなことについて持論を展開している他者の存在というのは興味深い。
ご本人があとがきで書いていたように、ちょっとしたときにぱらぱらとめくりたくなる本だ。
津村さんとお友達になりたいと思ってしまった。

ちなみにこの本に教わった、A6の裏紙メモを3回半分に折って罫線代わりにするというライフハック(貧)は早速活用しています。

category: 読んだ(本)

tag: 津村記久子 
tb: 0   cm: 0

  

最近読んだ中で、印象に残った本

津村記久子『ポトスライムの舟』
ポトスライムの舟 (講談社文庫)
ポトスライムの舟 (講談社文庫)
津村記久子さんの本は今まで何冊か読んで、それほどピンときたものがあった訳ではないんだけど、これはすんなり自分の中に入ってきた。
表題作の前日譚とおぼしき作品が後半に入っているんだけど、それも好き。
おそらく、自分と重なるんだと思う。
人から取るに足らない人間として扱われるような気がする人にはぜひ読んでほしい。
後半の話で主人公が受ける扱いには本当に腹が立った。

河合隼雄『大人の友情』
大人の友情 (朝日文庫 か 23-8)
大人の友情 (朝日文庫 か 23-8)
友達ってなんだろうと思い悩みすぎて、書店で手に取ってしまった本。
学生を終え、無職からいつしか勤め人になって、別のことを学び直して未だ学生をやっている友達や、とくに何もしていない友達との距離を感じるようになった。
というよりは、自分が一方的に距離を感じているだけなのだと思う。
あまりにお気楽な彼女らの生活に妬ましさを感じ、でもお互い持ってるものと持ってないものはそれぞれあるしなと思い直したり。
価値観が合わなければもう友達ではいられなくなるのかとか、最近はそういうことばかり考えてしまっていた。
そんな中でこの本を読み、さんざん時間を使って思ったことは、「友達」というものにやたら意味を見出そうとするのはやめようということのみ。
なんかもう仕方がないのだ。歳をとることも、環境が変わることも。
この本の中で作者が言っていた、
人間の感情には、激しさと深さという二側面があるように思う
という言葉はわかりやすくていい。
激しさは外から見てわかりやすいが深さはその逆である。
深さは見えにくい一方で他からの力によっては変え難いとのこと。
私はどちらかと言うと感情を超気味の悪い底なし沼のようにしてしまうタイプだと自分で思う。
健康的な深い感情を持てる人間になれれば幸せになれる気がする。

西加奈子『しずく』
しずく (光文社文庫)
しずく (光文社文庫)
短編集。テーマはどれも女ふたり。
木蓮という話が一番好きだ。恋人の子供(前妻との間にできた子)と馬が合わず…という話。
木蓮はちょうど今の季節だからというのもあるかもしれない。
ふっと何かが吹っ切れた瞬間に、押さえていた感情が暴発して止まらなくなる。
そんな主人公に羨ましさを感じたのかもしれない。
心がすっとした。

池谷裕二『自分では気づかない、ココロの盲点』
自分では気づかない、ココロの盲点
自分では気づかない、ココロの盲点
たまには流行っている本も読む。
挿絵の部分がもったいない気がする。その分もっと解説にあててくれても…と思うけど、ライトな絵本風味の本にしたかったということだから作者としてはこれが正解なんだろうな。
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)

この本を読んだ時のことを思い出したので、知識は新書等で補完するのがいいのかもしれない。
この「ココロの盲点」の最も注目すべきところは巻末の「認知バイアス用語集」だと思う。
思い当たるふしがありすぎて心が痛いこと必至。
人というのは、都合のいいように考えてしまう生き物なのだ…

暇をつぶすために本を読んでいるけど、別のこともしたい。

category: 読んだ(本)

tag: 書籍  津村記久子   
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。