monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

和牛が声をあてているaudible版『セトウツミ』がすごくいい  

いやもうタイトルの通りの話なんですけど、amazonがやっている定額朗読配信サービス?のaudibleにセトウツミの朗読版があることを知り、1ヶ月無料体験を申し込んだ。
もう去年映画を見てからセトウツミブームがすごい。

無料体験は最初にクレジット番号を登録させられて、1ヶ月後に解除を忘れたら月額の1,500円を即座に持って行かれるシステムになっている。
ダウンロードしたいものを予めパソコン上から自分の「ライブラリ」に入れることはできるが、再生はアプリからのみ。
保存されないようにパソコンでは聞かせてもらえないのかも。

『セトウツミ』は原作が1巻~6巻まで出ているのだが、驚くべきことにそのすべてがaudible化されている。
声を担当しているのは2016年のM-1グランプリ決勝での活躍も記憶に新しいお笑いコンビ・和牛の二人。
瀬戸役がツッコミの川西さん、内海役がボケの水田さんだ。
これが見事なはまり役で、キャスティングした人を讃えたい。
セトウツミはどちらかと言うと内海がツッコミっぽいけどそこが和牛とひっくり返っているのも面白い。
アホだけど人のよさそうな瀬戸と、冷静に変なこと言ったりする内海がまんま和牛で、さすがコンビなだけあってテンポも間合いも素晴らしい。
セトウツミは普通の会話が延々続く漫画なので、変に演技に力をこめるとわざとらしくなる。
なので演技が本業ではない和牛が声をあてているのが本当に聞いててちょうどよく、心地よい。声も聞き取りやすいし。
いや多分水田さんはドラマ願望あるってラジオで言ってたし、川西さんも漫才の女の子役が妙にうまいので本当に演技しようと思ったらある程度できるんだろうけど、セトウツミくらいのほぼ普段の和牛の感じがかえってハマりまくっている。
瀬戸と内海以外の登場人物は声優さんかその道のプロが声を担当してると思うんだけど、和牛があまりにも自然体なのでギャップでちょっと大げさだなと思うくらいだ。

まあ正直和牛好きで色々見たり聞いたりしまくっているので今更音声を聞いて瀬戸と内海に脳内変換できないんだけど、(内海はとくに水田さんの声に特徴があるので水田さんの顔がどうしても浮かんでくる)漫才をずっと聞いているようで楽しい。
漫画を読みながら聞くとようやっと瀬戸と内海に感じてくる。
たまたま「水田」という名前が出てきたり、瀬戸が実際の川西さんの出身地である河内弁でまくし立ててそれを内海に突っ込まれるシーンがあったり、和牛を知っているとちょっとニヤリとするような箇所もある。

ところで、朗読現場の写真がネットに載っていたので見たら、漫画をそのまま拡大コピーしたようなものを読んでいた様子なんだけど、紙をめくる音とか雑音は編集で消してるのかなとか、会話の流れを保つためにひとつづきで録ってNG出たらまた最初からなのか、はたまたNGのところからなのかとか、いろんなことが気になってくる。
朗読はアニメのアフレコとまた違った趣があって味わい深い。
アニメほどテンション高くないのでどんな気分のときも聞ける。
もしこれがアニメ化されたとして、方向性を誤って「どや!オモロイ事言ってるやろ!」ってテンションになってしまったらさぶいし作品のよさが損なわれる。そのギリギリを狙って成功しているのがこのaudible版セトウツミなのである!!
私今この世で一番このコンテンツについて熱く語っているのではないか。

この一連のことを誰かと話したいのだが今のところ共有できる人はいない。
そもそも関東に和牛を知っている人が少ない。おととしもM-1出てたしその前のTHE MANZAIにも出てるのに。
去年のM-1で急激に認知された感があるのでこのまま関東でも見る機会が増えるといい。
スポンサーサイト

category: 読んだ(漫画)

tag: お笑い   
tb: 0   cm: 0

僕のこと好きなんて言う紗南ちゃんは嫌いだ!  

・小花美穂『こどものおもちゃ』を読み返した。
前も書いたかもしれないけど、最終巻において直澄くんが、
「僕のこと好きなんていう紗南ちゃんは嫌いだ」
と言うシーンがとても好きだ。
なんというアイロニー。
しかも後日紗南がこの件について謝ったら忘れたふりをしてくれる優しさ。
よくできた子だよ。
逆にこのシーン前後の紗南には本当に腹が立つ。
直澄くん、いちばん好きな登場人物かもしれないな。
作者もそれを狙って書いているんだろうけど、一途さがいい。

・松浦だるま『累(かさね)』2巻を読んだ。
全編まるまる1巻の終わりで出てきた登場人物とのエピソードだった。
いやー面白い。
主人公・累が美しい容姿を手に入れたことで見えるようになる違った世界や、歓び、貪欲さなどが痛々しいほどに伝わってくる。
累と顔の交換をする契約を結んだ美しい娘ニナが、累の目で見た世界も然り。
「人の気持ちになって考えろ!」
とかよく言われるけど、それがいかに困難であるかということを思い知らされる。
これ、どのくらいで完結するんだろう。
続刊が楽しみな漫画は久しぶりだ。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

溺れて累ねて  

ジョージ朝倉「溺れるナイフ」一巻だけ読んだ。
もう男は女に惚の字まではいかなくても特別視はしてるのに、女の方がモノローグで「どうしたって手に入らない」と言ってるのが腹立った。
私自身が今置かれている状況と比べるから妬ましいんだと思う。
そりゃ相手の気持ちを知る由がないからそういう風に思うのは自然なんだけど。
しかし美少女設定だしなー
小説や漫画の美少女設定ってそれだけで気持ちが冷めることがある。

一方醜女の変身もの?で人間の業を描く「累(かさね)」という漫画も一巻だけ読んだけど、これは続きが読みたいと思った。
汚い感情とわかっていてもどうしようもないときってあるよな…とか。
本当に何もかも違う世界の人っているんだよ。テレビの中とかじゃなく、身近にも。
あまり漫画は詳しくないけど、こういう妬み僻み嫉み卑屈を主人公目線で描く少女漫画?は新しい気がする。
二巻も読まなくては。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

押見修造『惡の華』を読んだ。わからなかった 他  

拍手ありがとうございます!!
嬉しいです!!

たまには漫画感想でも。
ポイントを贈呈されたので、初めて電子書籍というものを使ってみた。
普段読むような本と同じものを買ってもつまらないので、たぶん自分で買うことがないような漫画を買った。

押見修造 惡の華(1)~(3)
惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(2) (少年マガジンコミックス)惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
表紙だけ見て気になっていた『惡の華』。
わからんな~わからん。
人に「どういう話?」と聞かれても答えられないくらいのわからなさ。
今のところ、主人公が頭のおかしいクラスメイトにつきまとわれる話。
読後感はあまりよくない。というか、何を伝えたいのだろう?という感じ。
でも、その「訳のわからなさ・不条理さ」を伝えたいんだろうなということはわかる。
そもそも、同作者の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を読んだ時点で、この人の漫画は総じて「わからない」けど、何か痛いところをつかれるような気がする作品なのだということは察しが付いていた。
画像左から1~3巻なんだけど、3巻表紙の女の子がひたすらまとも。
この中ではまともってだけかもしれないけど。

吉田秋生 海街diary(1)
海街diary 1巻
鎌倉に住む4姉妹の話。
四者それぞれの悲喜こもごもがふんわりと描かれている。
姉妹がほしくなるなあ。

松井優征 暗殺教室(1)
暗殺教室 1
これも表紙を見て気になっていたのと、電車で読んでいる人(10代が多い)をよく見かけるので読んでみた。
面白かった。
ちょっと子供っぽいのかなあと思ったけど、ぶっとんだ設定の割には学園もの(先生と生徒もの)としてよくできてる。
人間じゃないのに人間臭くて、生徒とも向き合っている。
こういう「いい先生」を人間で描かれると「どーせフィクションじゃん。うさんくさー」って思っちゃうけど、はなから人間じゃないしドフィクションだから逆に生徒と心が通う場面も反発なしで読める。
これはちょっと続き読んじゃうな。

電子書籍を携帯に入れておくと、狭い電車内でも読めるのが便利だと思った。
まあ携帯小説とかあるもんね。

category: 読んだ(漫画)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

暑さと懐かしい漫画  



暑い。
昼にツイッターに上げた写真。
この後もわが自宅の室温はじわじわと上昇を続け、36℃近くまで行った。
盆休みだが、とくにすることがない。



することがないので掃除でもするかと本棚に手をつけていたら、CLAMPのCLOVERがあった。
当時は伏線が多すぎて話をよく理解してなかったけど、今日読んでみたら、2巻以降で過去が描かれることによってどんどん伏線が回収されていく作りがわかって昔よりは楽しめた。
手書き文字が一切ないんだよね。
戦闘シーンでも淡々と進んでいく感じが落ち着いていていい。
この頃のもこなさんの作画が一番好きだ。
目の描き方とか。
主人公のスウはレオンのナタリーポートマンみたいだ。
ただ、CLAMPにありがちなんだけど、例によって連載中止以降完結してないんだよなー…
Wikipediaによれば既刊が4冊、6巻で完結予定(だった)らしい。
捨てようと思ってたのに迷っちゃったな。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

ヘソリンガス  

ドラえもんを読んでいたら、「ヘソリンガス」という話があった。
へそから体内にガスを注入すると、どんな肉体的・精神的ダメージも受けなくなって、その効果が30分持続するという…
完全に麻薬だよなあ。
のび太が友達にもガスを広めて、みんな争うようにガスを注入するシーンでは薄ら寒さすら覚えたよ。
薬物への警鐘を示唆した話なんだろうか。
ドラえもんの「痛みは危険を知らせるサインなんだよ!」みたいな台詞がまさしく…
オカルト板のほんのり怖い話スレ向きかもしれない。
もしかしたら既出かもな。

ところで先日記事にした『わくらば日記』の続編の『わくらば追慕抄』も読み終えたけど、これって続編は出ないんだろうか。
伏線がまだたくさんあったと思うのでもやもやする!
てっきりこれで完結するもんだと思ってた。
一遍ずつどこかで発表されてるんだろうけど、まとめて読みたいので早く書籍化されないかなあ。

あと、結局先日試験を受けた派遣の仕事を始めることになった。
今から契約終了が思いやられる。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

ギャグ漫画日和13巻 牛山サキ再登場  


ギャグ漫画日和の最新刊が出てた!
まだ途中までしか読んでないけど、苦労人アイドル牛山サキがヒーローショーの司会をする話が面白かった。
「牛山サキ」という名前は出てこないけど、額のキズですぐわかった(笑)
あと、「お姉さん実家が肉屋なんだけど」っていう台詞で完全に確信した。
その後の4コマでマネージャーも登場していた。
ギャグ漫画はいいなあ。
いいバカバカしさで憂鬱を晴らしてくれる。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

真のメガネ男子とは  

臨死!!江古田ちゃんの1、2巻を買ってきた。
最新の5巻しか読んだことがなかったので、江古田ちゃんとラミーちゃんの関係とか、信者くんといるとき髪型が違うのはなぜかなどがわかった。
江古田ちゃんの友人Mはメガネ男子が好きらしく、「真のメガネ男子」について語っていた。

真のメガネ男子とは…
自分と他者との境界としてメガネを用いていて
心のガードがかたく
それ故すれてなくて
他人に踊らされず…
そんな人…

だそうです。
私も初恋がメガネで知的な子だったせいか、未だにメガネをかけている男性に弱い。
おしゃれメガネ(伊達メガネ)は論外。
メガネを数種類所持していて、時と場合に応じて使い分けてる人はあり。
素敵なメガネ男子いないかなー。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

この歳で読む「流れ星レンズ」と「シュガーソルジャー」  

私は小学生の頃りぼんっ子だった。
時期で言うと「ミントな僕ら」が連載開始した頃に読み始めて、「満月をさがして」が本誌で完結する前に読むのをやめたと思う。
「こどものおもちゃ」「パートナー」などの小花美穂さんの作品が好きだった。
たまに今のりぼんが気になって、りぼんのホームページを覗きに行く。
連載中の漫画の一話めが読めるので、たまに新連載あるかなーと思って読みに行くのだ。
今日は村田真優「流れ星レンズ」と酒井まゆ「シュガーソルジャー」の第一話を読んできた。
奇しくもどちらも作者が「まゆ」さんだ。

「流れ星レンズ」
これ、中学生の話かな?
チョイワルな目立つ男子(イケメン)と、ほんわかした平凡な女の子(という設定のカワイイ女子)の関係を描いた漫画。
私の通っていた中高では夏服を「中間服」とは呼ばなかったので最初は何のことかと思った。
確かに4月から3月まで冬服→夏服→冬服という順番で衣替えするので理にかなってるね。
まぁそれは話とは関係ないから置いとこう。
私も小学生の頃は大きくなったらこういう恋愛ができると思ってたよ。放課後デート的な…
中学生になったら…
高校生になったら…
大学生になったら…
社会人になったら…←いまここ

放課後に近隣を見回ってる先生が校則違反してる生徒を車で送ってくれるなんてないよね?
席替えで主人公の女の子の前の座席になった優等生男子が、
「俺、あんたの彼氏みたいな奴嫌い。それに惹かれるあんたも嫌い」的なことを突然宣言する。
それを主人公の彼氏が偶然聞いてしまって第一話終了。
この歳になるとどうも少女漫画を穿った目で読んでしまう。
いきなりそんなこと言うのはどうかと思うが、この優等生くんの言っている内容はもっともだと思うし、実は主人公のことが好きとかそういう展開だったら応援したくなる。
小学生とか、リアルタイムで読んでたら「何コイツサイテー、主人公負けないで!」とか思うんだろうな。
現実世界だったら、この手の優等生くんって決してイケメンではないと思う。
どちらかというとリア充に嫉妬するガリ勉というか…


「シュガーソルジャー」
壮大な自虐風自慢漫画。
「モデルのお姉ちゃんと比べられてばかりで、可愛いと言われても信じられないんですぅ><」
「こんなかわいくない私を、密かに思いを寄せていたイケメンのなんちゃら君が好きなわけない」←実際は両思いだった
「どうして人気者の~~くんは、こんな私を気遣ってくれるのかな?」
って感じ。
ところで一端の高校生読者モデルがそんなに騒がれるかね。
誰もがみんなその雑誌読んでるわけじゃないからね。
セブンティーンをもじった雑誌が主人公の姉が専属を務める雑誌だったけど、喪女の私は高校生でその手の雑誌を読んだ記憶がない。
だいたい漫画だから姉と妹の顔が一緒だ。まゆポン描き分け!
酒井まゆさん、絵はきれいだけど連載してた話はあまり記憶に残ってないなぁ。
ナインパズルとかあったよね。ビリヤードの。
読みきりの「プラチナ」とか和服のお坊ちゃんに片思いする話は面白かった覚えがある。
どっちも主人公はちょいバカだったなぁ…w

こういう物語を読んでいると、この漫画の中の世界にも喪女が存在しているに違いないと思ってしまう。
主人公になれない、モブですらない空気のような存在が…
ちょっと内気な女の子☆とかも喪女なわけじゃないからなぁ。
毎回どこが内気?と思うわ。

とりあえず、流れ星レンズのほうはちょっと続きが気になる。
あの優等生くんの真意はいかに。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。