monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

モバイル断捨離と日記の使い分けの話  

今日は物理的にではなく、データとしてのモノを減らした。
まず、携帯の使っていないアプリを数本削除した。
動く壁紙とかね…かわいいからってダウンロードしておいてもまず使わない。

そして、メールで投稿するミニブログみたいなものをつけてたんだけど、結構見る人が見れば身バレするようなことも書いてしまっていたし、ブログの類をやりすぎているのでこれも退会した。
これからは日記をローカル保存できるアプリを使おうと思う。
匿名でやっているここやツイッターにプライベートなことは書けないしね。
最近は手軽だからすぐ脳内が垂れ流しになってしまいがちになるんだけど。

しかしそれでもまだまだブログが多い。
①ここ
②匿名ツイッター
③リアル知り合い用ツイッター
④リアル知り合い用ツイッター(鍵垢)
⑤ある趣味のことだけ書くブログ

こうやって書くとやっぱり多すぎる。
本当は③④とかツイッターを統合すればいいんだろうけど…

いつも思うのは、自分という人間をもっとさらけ出せれば、匿名垢なんて作る必要ないのにということだ。
喪アカウントとか、別に友達くらいに見られたって本当は差支えないんだけどね。
喪女ですって知られたくないっていう妙なプライドが働いてるんだと思う。
(喪であることはオーラ等でばれてると思うから意味ないけど)

どれが一番生身の自分に近いかなと思うけど、この①~⑤の集合体がすなわち自分なんだろうなと感じる。
変な話だけど。

もうネットを使うんじゃなくてネットに使われてる・支配されていると言っても過言ではない。
たぶん、自分の言葉を残しておくことが好きなんだと思う。
余談だがノートに日記と、気が向いたら手帳に一言日記もつけてしまってるし。
携帯のメモアプリにも思いつきみたいなのが溜まっている。

しかしながらツイッター以外のSNSはやってないしこれからもやる予定はない。
人と交流するというよりは、一人でぶつぶつ言ってたいんだと思う。

でもこの量は自分でもちょっと異常だと思う。
それだけ頭の中も常に雑然としてるんだろうな。
脳内デフラグしたい。
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tag: mojo 
tb: 0   cm: 0

無印手帳2013  

無印の手帳買った!赤!


商品名は
ポリプロピレンカバーマンスリーウィークリースケジュール(B6)
です。

2012年も無印だったけど、同じマンスリーウィークリーでも違うところをいくつかレポートする。
・日付、六曜がマスの左上
・マンスリーとウィークリーが月毎にまとまっている
(マンスリー→その月のウィークリー→次の月のマンスリー→ウィークリーという順番)
・月インデックスあり
・ウィークリーの縦の幅と、右ページの方眼の高さがそろっているような気がする

ウィークリーはちゃんと3分割できる点がついてます。
新月、満月、半月はマンスリーに表記あり。

弱点は表紙の縦幅が中の紙と同じなので、雑にゴムでとめると紙がはみ出ることくらいかな。
あとは後ろのメモページがもっと多ければ…
でも真っ赤でかわいいし機能も申し分ないので満足

category: 買ったもの

tag: 手帳 
tb: 0   cm: 0

取捨選択の時期  

最近何気なく思うのですが、人付き合いも取捨選択する時期なのかなと感じる。
昔の友達とも共通の話題がなくなったり、少し幻滅するような出来事があったりして、そんな思いまでして関係を繋ぎとめておく理由ってなんだろうとか思ってしまった。
例えば友達が、私には到底理解できないようなものや正直言ってしまえば軽蔑しているようなものに傾倒し始めたりするようなことが重なって近頃とくにそう思うようになった。
そういう人とははっきり言ってしまえばもう付き合わなくても一向に構わない。

しかしそう考えると、まったく考え方の同じ人間なんていないし、こんな事ばかり言っていたら友達なんかいなくなってしまう。
私はたぶん居心地のいい人とだけ一緒にいたいと思っているふしがある。
世の中には、人との出会いをどんどん広げたいっていうタイプの人も存在するけど、私はその労力が惜しいっていう怠け者なところがあって、一度居心地のいい人間関係を得るとそこから抜け出したくなくなってしまう。
そのうち相手には新たな人間関係が生まれて、私も努力をしないのでだんだん離れて行ってしまうっていうパターンが過去にあったように思える。
かと言って、過度な「内輪」を楽しんでる団体は嫌いという矛盾した考えも持っている。

考え方が違っても、相手の意見も尊重しつつ自分の意見も言えるようになればいい関係がずっと続くんだろうけど、一度幻滅するともうダメだ。
「私そういうの嫌いなんだ」
の一言が言えないから人間関係ごと切ってしまいたくなる。
要するに嫌われるのが怖いという臆病さ+コミュニケーション能力が不足しているのか。

友達って何だろうなあ。
真に孤独ではない幸せ者だからこういうことを考えるんだと思う。
非常に傲慢。
なんだか中二病っぽい日記になってしまった。
20代が考えるには幼いテーマだな。

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

記念切手  


切手を買いに行ったら「記念切手でいいですか?」と2回も聞かれてこれを渡された。
もったいなくなってしまったので、結局スタンダードな80円切手を貼って出した。
これは手元に残しておくことにする。

手紙っていいよなあ。
もしもう少し昔に生まれていたら、思い人と文通や交換日記をしてみたいと常々思っている。
ちょっと乙女チックな発想で恥ずかしいんだけど…
別に敢えて現代でやったっていいんだけど、何せ相手がいないよ…
特別上手である必要はないんだけど、私の中で文章や文字って重要な要素なんだよね。
逆に言うと、ちょっとステキと思っていた人の字が死ぬほど汚かったり、文章の日本語が破綻してたりすると幻滅する。
かと言って文章がうますぎて気取った感じなのもあんまり…
喪のくせに何言ってんだって感じだけど。

category: 買ったもの

tag: mojo 
tb: 0   cm: 0