monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

つれなくて憎い  

最近恥ずかしい話の吐き出しどころになりつつある。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

捨て報告13/4/28  

もう4月が終わろうとしている。
久しぶりに一日家にいる日になると、家の中の汚さに腹が立ってくる。
自分の物以外はどうしようもないので、自分の物からまた少し捨て始めることにした。

(捨て4/28)
・服屋のショップバッグ(不織布製)2枚
・着すぎて薄くなったキャミソール
・ベルト
・ファンデーションケース
・点かない自転車用ライト

こんな所です。
ベルトは母が買ってきたがピンクだし安っぽい偽物の革だし本当に要らない。
申し訳ないけれどショップバッグに入れて捨て。
使えるものや新品の物を捨てるのには本当に罪悪感があるし、大量生産大量消費時代の弊害だよなといつも思うけれど、いらないものを持っていたって仕方がないのだ。

その代わりと言っては何だけど、昔だったら買ってたと思うものを我慢することが最近多い。
セールでものすごく安くなっている手帳とか、昔だったら絶対買ってたけど今使ってるのあるしなあと思って買わなかったり、半額くらいになってるバッグも、もう少し気に入った色だったら絶対買うのにと思って買わなかった。

しかし、その反動か最近は本当に食欲が抑えられない。
と言うよりは実家住まいだけど家庭内の空気が悪いのと、外の方がおいしいものが食べられるという理由で外食ばかりしてしまっている。
昨日はファミレスに行った。
しばらくポッドキャストを聞きながらドリンクバーでコーヒーなぞをおかわりしまくって楽しんでたんだけど、横に結婚式帰りとおぼしき学生の団体が来て、それだけなら別にいいんだけど男性の店員さんの声が少し高かっただけで「あいつコッチじゃね?」とかヒソヒソやるようなタイプだったので退散した。
偏見だけど、ああいうオールラウンドサークルに入ってそうな学生はいつまで経ってもどうしても苦手だ。
頭の悪い価値観が伝染しそうで。

しかし一人で食べるご飯はおいしい。これに関しては逆のことを言っている人のほうが圧倒的に多いけど。
そういう訳で順調に肥えてきているが運動もやったりやらなかったりでまるで続かない。


さて、連休は本棚の整理でもするかな。
読まない漫画とか。

最近もらったキャンディポットをどうするかが目下の悩みの種だ。
いらん…この類の飴っていつまでも残るんだよ…

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

喪女的雑記13/4/26  

自分語り
-- 続きを読む --

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

言えない  

また友達に本当のことが言えなかった…
「私って自分に自信があるように見える?」
と聞かれて、そりゃあもうそう見えるのに、いや別に見えないよと言ってしまった。
前にそう言われるのは心外と言ってたから気を遣ってしまった。
どこまで本音で話すべきかというのは難しいところだけど、本音を言っても言わなくても後悔する。
だって現実に彼女は顔が整って生まれたことを自負している。
それを「自信がある」ととらえるか、「客観的事実として認識しているだけ」ととらえるか、そこが問題だ。
でもこの二つをイコールで結びつけてしまうこともできるような気がする。
少なくとも外見に関して人のことを見下してると見える時があるのは事実だ。
それはやはり自信があるからではないのか。
でも自分が一番かわいいとか思っているわけじゃないのはわかる。
彼女も自分に自信がないと言うけれど、その自信のなさの土台が私なんかよりもはるか上にあると言うだけで。
そんな彼女にアドバイスできることがあるとしたら、人からナルシストっぽく見られてもいいやと開き直って生きるか、他人の容姿に言及しないかのどちらかを選択すればいいのではということだけだ。
これが言えたらな~

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

もてない女in女子会  

先日、学生時代の同級生3人と会ってきた。
女子会という名目で集まったのでそういう会だったんだと思う。

やはり話題は恋愛とかそういう方向に…
かなり久しぶりに会ったので、自然と近況報告になる。
「(私)ちゃんはこの何年間でいい出会いあった?」
「ひとつもない!」
で会話が終わってしまったことは反省している。

みんななんだかんだいろいろあるんだなと思った。
とある子は社内恋愛中だったり、とある子はお互いの家を行き来して料理を作りあう仲にまでなった男性と付き合うと思いきや相手に彼女ができていたり、とある子は国際恋愛していたり…
なぜ自分だけこうも何もないのか…
一つ言えるのはそういう方向に積極的に動いていないからだろうけど。

いくつで結婚したい?
とかそういう話はあまり得意ではないんだよな。
そもそも現時点で結婚したいとは思えないし子供も別に欲しくない。
って言うとなんでなんで?みたいな感じになってなかなか面倒。

こういう話は「何も知らないから教えて~」というスタンスで聞くとみんなお姉さん的な立場からアドバイスするように話してくれて聞いているだけでいいので楽。
こちらも適当に「どうやって駆け引きしてるの?」とか、「どういうときにこの人自分に気があるなって思うの?」とか聞いてみると教えてくれる。
喪女としてはそれなりになるほどと思うんだけど、何一つ自分に当てはめられる経験がないのが悲しい。

私は例え片思いの話ですらあまりしたくないというかするのが恥ずかしいんだよね。
好きな人いないの?とか聞かれて、今少しいいと思っている人のことを話したっていいんだけど、何故かできない。
こっそり思っていたいみたいな気色悪い一面があるっていうのもあるし、昔から思ってたけど、言ったら経過を聞かれるわけであって行動しなくてはいけなくなるのが面倒というのもある。
これは中学生のときにうっかり好きな子を暴露してしまった(させられた)経験から来ている。
告白も何もしない自分にみんな幻滅というか興味をなくしていったようだったけど。
そうなるなら最初から話さない方がいいなという学習をした。

しかしものすごくわがままなんだけど、そうやって飲み会の場をやりすごしてると、自分の話ができないフラストレーションがたまってくる。
趣味の話題なら少しは話せるんだけど、こういう会において、たいていは恋愛話になることが予想できるから別に誰も悪くない。自分が悪い。
だからこういう所やツイッターでべらべらどうでもいいことを話してしまうんです。

category: ふつうの日記

tag: mojo 
tb: 0   cm: 0

あなたが私にくれたもの!その辺の店のレジ袋  

でもそんな物が今年もらったどんな物よりも一番嬉しいもらい物になってしまった。
-- 続きを読む --

category: 雑記

tag: mojo 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。