monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

上半期に読んだ本のまとめ  

一年に50冊くらい(一週間に最低一冊ペース)で本を読みたいと思っている。
今日6/23現在で22冊。足りてない。
で、ここまでで印象に残っている本を3冊ほど選んでみようと思う。

1. 『告白』湊かなえ
著者 : 湊かなえ
双葉社
発売日 : 2008-08-05


言うまでもない大ヒットを、今年になって読んでみたけど、よくできていて面白かった。
とくに第一章。もとはこの部分があって、そこからこの長編になったと聞いた。
映画も見たけど、松たか子さんが本当に娘をなくした教師にしか見えなかった。
スローになる演出、常に曇天のような画面の色合い、音楽どれもよかった。
映画は全然見ないんだけど、面白い映画もあるもんだなあと思った。
映像との相乗効果で印象に残った一冊。


2. 『毒草を食べてみた』植松黎


「食べてみた」というタイトルだけど、筆者が実際に食べたのはひとつかふたつくらい。
実際に食べたら死んでしまう草花のオンパレードで、それらがエッセイのように語られているのが面白い。
植物には歴史とドラマがある。
植物毒って、今まで全世界でどれだけ多くの人を死に至らしめてきたんだろう。
と、昔の人々の生活に思いを馳せてみたりした。


3. カタコンベ


洞窟もののミステリー。
物語なんだけど、日本にもこんなに恐ろしい場所があるんだと思った。
逃げ場のない空間を想像してぞっとする。自然の恐ろしさには抗えない。
それでも山に登ったり洞窟に入ったり、ケイビングとやらをやる人がいるのはどうしてなんだろうと思う。
圧倒的な存在に屈するより他にない自然というものに殺されたい人が多いのかな。
この本で他の洞窟ものに興味がわいた。

以上3冊が今のところ2013年上半期に読んだ本3選です。
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

捨ててやったぜ!  

2013-06-15 10 31 17

大学の時(もう結構前)にもらった就職活動関係の冊子、ずっと捨てられなくて取ってあったけど、嫌いな「シューカツ」関係の物が目に入る見ると気分が悪いので捨ててやった。

就活とは今やもう完全にビジネスだ。
エスカレーターのベルトに○○ナビの広告がびっしり貼りついてるのを見たりするとぞっとする。
あと大きなお世話なんだけど、就活生を見ると無意味に同情する。
前向きに本気で取り組んでる人もいるのにね。

就職活動中の人々に幸あれ。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

わーいあぶらとり紙使い切ったよ~  

最近行っている、モノ減らしの一環「使い切り作戦」、あぶらとり紙1パックが終了した。

2013-06-01 8 46 29

あぶらとりフィルムに出会ってからは紙の方を使わなくなって、もらい物やそれまでストックしていたものが余ってしまった。
それをちまちま使っていて、やっと200枚入りが終わった。

しかし、紙はフィルムと違って取れないね。
一度の平均使用枚数が4枚で、これじゃもてないわ…と自分でも思う。
皮脂が過多。
取りすぎもよくないって言うし、たぶん化粧水とかしても肌に水分がうまく浸透してないんだと思う。

先日、あまりやるべき事ではないんだろうけど致し方なく電車の中でコッソリあぶらとり紙を使っていたら、隣の女性が私を一瞥し、「私はあぶら大丈夫かしら」とチェックするように自分の両頬を指先でトントン、トントンとしていて羞恥をおぼえた。
もう電車の中ではしませんごめんなさい。

しかしまだあと数パックあるので道のりは長い…

category: 掃除・物減らし

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。