monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

西村賢太『苦役列車』読了  

「ログをとる」ということを推奨している世の中になりつつあるとラジオで聞いた。
スマートフォンやそれに類するアイテム、便利なアプリの数々…
エバーノートとかみんな使ってるもんね。
ほぼ日の大ヒットも「ログをとる」ということに関連していると思う。

私も「ログ」の一環として、読書メモノートをつけていたことを思い出した。
しばらく使ってなかったけどまた再開しようと思う。
手順としては、
「ブクログで読んだ本を管理→読書ノートに箇条書き等で思ったことをメモ→気が向いたらブログに読書感想を書く」
これがベストかなと思う。
たまに読書ノートの部分がツイッターになっちゃうんだけど。

さて、話題作を人より相当遅れて読みましたシリーズ(?)今回は西村賢太『苦役列車』を読んだ。


表現が下品だったりするので、嫌いな人は嫌いだろうなと思う。
個人的には文章は読みやすかった。
主人公の北町貫多が清々しいまでのクズ。(批判でなく)
この名前からして作者の名前のもじりだけど、どこまでが本当の話なんだろうという興味が読者の気を引いてるんだと思う。
クズなんだけど、自分のクズっぷりを必要以上に自覚し、卑下している、卑屈もここまでいくと鬱陶しいとか思わないんだなと思った。
自己内省型の文章というのは、どこか「そんな自分を認めて欲しいけど自信がない」というのがありありと透けて見えて、その葛藤がいわゆる「自虐風自慢」に表れていたりして何とも言えない気持ちになったりすることがある。
太宰の「人間失格」を読んだときがそれだった。
「俺ってこんなダメ人間なのにどういうわけか女にはモテちゃってさ~」と言っているような感じを覚えて、ああこういう人っているよなって思った。
北町貫多の場合は、「ええクズですよ底辺ですよだからエリート共をこき下ろすことで溜飲を下げてるんだよそれの何が悪い」って感じでいっそ気持ちがいい。
心のどこかでエリートを馬鹿にしている社会的弱者ってよくあるけど、この貫多という人物には卑しさを感じなかった。
おそらく彼自身が自分の立場も醜さもよく観察して考察して思考が一周しているからだと思う。
貫多とは育った環境も考え方もまったく異なる、心身ともに健康な若者である日下部という登場人物に最悪な態度をとってしまうシーンは、やめろやめろこっちがいたたまれなくなるとは思いつつも、健全な他者に卑屈をぶつけたくなる気持ちはわからないでもないと思った。
このシーンというかこの小説をただ不快と思う人がいるとすれば、それこそこの日下部やその彼女のような育ちの人なんだろうなと思う。後ろ暗いところがない人。
たまにいるよね。キラキラしすぎてて、こっちがそのオーラに焼かれて意味もなくこちらを消えてしまいたくなる気分にさせる人。
まあそういう人もそう見せているだけで本当に100%健全な人間なんていないんだろうなというのがだんだんわかってきたけど。
しかしこの日下部の彼女という人物のリアルさがすごい。
ほとんど出てこないのに、ありありと現実にいたらこんな人というのが目に浮かぶ。
使われまくって陳腐な表現だからあまり使いたくないけど「意識の高い大学生」だ。
きっとシューカツでセミナーとか行きまくって説明会の最前列でうんうん頷きながらノートとりまくって、質問コーナーで「本日は貴重なお話ありがとうございました、わたくし~~大学○○学部の…」って質問(しかも内容は福利厚生についてや男女比について)しはじめるタイプだ。
オシャレなカフェで自己分析ノートをびっしり埋め、その様子をスマホで撮ってSNSにすかさずアップ、休日は女子会で恋愛話に花を咲かせるに違いない。
途中から私が持つ女子学生のイメージになっちゃったけど(笑)

とにかく、貫多という人物が意外に嫌いになれなかったので最後まですらすら読めた。
芥川賞受賞の時に『乳と卵』の川上さんとよく対比されてニュースになってたのが納得できた。
川上さんの文章は最近よくある口語が句読点なく延々続く「脳内垂れ流し文」をあえて使っているから私にとっては少し読みにくかった。
頭の中で音読してしまうからなかなか進まなかった記憶がある。

余談だけど、私も日雇いの仕事で倉庫に出入りしていた時期があったので、貫多の仕事について少しは具体的にイメージできたのがよかった。
無職の時の食いつなぎでやってた仕事で、あまりいい思い出はなかったけど、どんな経験も案外無駄にならないもんだなと時を経て思った。

巻末の石原慎太郎氏の解説にもあったけど、今後彼の生活が変わることによって作品がどのように変わっていくのかということに私自身も興味がある。
あんまりメディアで過激発言?をするのはどうかと思うけどね…笑
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

拍手コメントありがとうございました!  



前回の記事に拍手コメントありがとうございました!
生まれて初めて拍手コメントというものをいただいて感無量です。
こんな僻地のブログなぞ読んでいただいて…
コメントをもらうことがこんなにうれしいとは知らなかったので、私もよそのブログに積極的に拍手だけでもしていこうかなと思う次第です。

今日は少し涼しかった。
私は夏が嫌いなので早く秋になればいいと思う。
でも残暑が厳しそうだ。

9月と言えば思い出すのは運動会だなあ中学の。
どうして居残りまでして応援グッズやら垂れ幕やら作らないといけないのかなと思っていた。
勝っても負けてもどうでもよかったしな。
運動音痴で気が弱いと小中はわりと嫌な思いをする。
しかしながらたぶん、あの時クラスを仕切っていたような人が今世間では求められてる人材なんじゃないかな。

全然関係ないけど、今日店でアイスコーヒーを飲みながらぼうっとしていたら、近くの席の高校生とおぼしきギャルっぽい二人組が、自分の知り合いのヤンキーがいかに地元で幅を利かせているかについて競うように話していた。
知り合いがヤンキーって未だにステータスになる事柄なのか…
もう流行らないと思っていたよ。ヤンキー文化。
元締めが~とかそんなに自慢できることなんだな。


うろこ雲がでておりました。

category: ふつうの日記

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0

捨て報告13/8/25 とコレクションの話  


固まったマニキュア3つ。
写真が上に寄っている。
中央のは未開封なのに固まってしまっていた。
薄め液で復活させるにも難しそうなので手放し。
そもそもマニキュアなんてほとんど塗らない。
色ムラが出たりするとイライラするもんな。

ところで最近捨てようと思ってずっと部屋の片隅に置いてあったごみ袋をやっとごみに出した。
でももらい物をしたりして増えた物もあるのであまり片付かない。

人とモノの付き合い方って自由だからいいんだけど、コレクション趣味のある人は新製品が出るたびに集めなくてはならないという義務感に駆られて大変そうだなと思う。
私も集めているものはあるけれど1種類だけで、それはもう断捨離に関係なく自分の人生の上で必要なものだと思っている。
これなくして自分の人生は語れないくらいのレベルのもの。
そういうものがいくつもある人は大変そうだなと大きなお世話ながら思うのです。
いわゆる「オタク」の友達とかいるんだけど、キャラグッズとか漫画とか際限ないなと見てて思う。
キーホルダーとかいっぱいあっても使い切れないじゃないですか…
お金も減るし…
本当に大きなお世話だと思うんだけど、そういう人たちを見ていると自分はオタク気質ではないなと思うのです。
でも新しいものが出るたびに待ち遠しく思いながら手に入れる楽しさがあるしそれは羨ましいんだけど…
(オタクの人を悪く言っているのではありません!悪しからず!)

断捨離をしている者がいちばんやってはいけないことは、自分の価値観を他人にまで強要することです。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

立松和平『光の雨』読了  



以下ツイッターに書いた感想のコピペ

あー久しぶりに胸糞悪くなる本だった
駄作という意味ではなく、単純に残酷シーンが。
暴力シーンはそれなりに耐性あるつもりでいたけど半ノンフィクションだと思うと

連合赤軍事件…有名な言い方に置き換えると浅間山荘事件が起きるまでの「革命軍」内部の話。一応フィクションということにはなっている
私がこれについて知ってた情報というのは後ろから4ページ目のわずか数行のことだけにしかすぎないことに驚いた
警官と銃撃戦をしたというそれ

昨日少し書いた正義感の残酷さが嫌というほど書いてあった。
また、世で言う「集団いじめ」の構造モデルが、同志を次々と暴力によって殺していった彼らの物語の中に見てとれる。


浅間山荘事件って、内部ではこういう事が起こっていたのか。
ちなみに浅間山荘事件(銃撃戦)を中心に据えた話ではないです。そこに至るまでの話。
具体的には「印旛沼事件」「山岳ベース事件」が描かれる。
仮名を使った史実ではないかと思える。
それにしても途中の若者二人の男女のシーンはなくてもいいな。
今(2013年)よりも未来の設定なのになんか古い。

追記
いろいろ調べていたら本が本だけによく考察された書評がたくさん出てきた。
この感想文はあくまでひとりごとと言うことで…

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

11年前の冷凍食品  

冷蔵庫がパンパンで困っている。
おかげで冷凍能力が低下してアイスを固いまま保つことができない。
何度も物を減らしてと言っているのに、やると言ってやってくれない母。
我慢ができずにこっそり強行手段に出ていたら、見つかって「やるから!!」とまた止められてしかも不機嫌になられた。

途中までやって最も衝撃的だったのはこれ。

まさか2002年のほうれん草が出てくるとは。
タイムカプセルかよ…

続いてこれ。

ハンバーグとくらげ。
くらげは見にくいけどどちらも2010年です。
冷凍食品というのは、真空状態を保てればある程度古くなっても食べられるらしいけど(目安は一年)、もうこれはかなり時間が経っているし冷凍焼けを起こしてしまっているので捨て。
しかし最近この手のハンバーグ食べたわ私…
やはり知らない間に何を食わされているかわからない。
早く自活しなくては。

最後はエビピラフ。

どうしてこういうことになるのかなあ。
なぜ食べないものを買い、いつまでも取っておくのか。
それより、なぜこれらを家族が処分しようとすると激怒するのか。
台所が不可侵領域になっているから私も料理をしない(言い訳)。
一人暮らししたい。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

暑さと懐かしい漫画  



暑い。
昼にツイッターに上げた写真。
この後もわが自宅の室温はじわじわと上昇を続け、36℃近くまで行った。
盆休みだが、とくにすることがない。



することがないので掃除でもするかと本棚に手をつけていたら、CLAMPのCLOVERがあった。
当時は伏線が多すぎて話をよく理解してなかったけど、今日読んでみたら、2巻以降で過去が描かれることによってどんどん伏線が回収されていく作りがわかって昔よりは楽しめた。
手書き文字が一切ないんだよね。
戦闘シーンでも淡々と進んでいく感じが落ち着いていていい。
この頃のもこなさんの作画が一番好きだ。
目の描き方とか。
主人公のスウはレオンのナタリーポートマンみたいだ。
ただ、CLAMPにありがちなんだけど、例によって連載中止以降完結してないんだよなー…
Wikipediaによれば既刊が4冊、6巻で完結予定(だった)らしい。
捨てようと思ってたのに迷っちゃったな。

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。