monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

西村賢太『暗渠の宿』読了  

西村賢太『暗渠の宿』を読み終えた。
以下ネタバレ
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tb: 0   cm: 0

本の話  

キングオブコントの再放送見てる。
最近お笑いから離れていたけど、たまに見ると面白い。
今年のKOC決勝と、新人演芸大賞も録画予約した。

ところで…最近久々にブックオフへ行ったんだけど、本を探すのが難しいのと、値段の付け方が適当なのが難点だと思った。
これもっと安くしてくれよ…とか、同じ本が別のコーナーにも配置されていてその値段が違っていたりとか…
これらを改善すればもっと便利になりそう。
それよかなぜ似たようなチェーンが出てこないのか謎。
たぶん何でもかんでも買い取るから、値段の付け方が雑になるんだと思う。
ある程度ジャンルを絞って適当な値段で売れば皆幸せになれると思うんだけどそんな簡単なもんじゃないのかな。
中古ゲームはちゃんとそういう店があるような気がする。

本屋絡みでもうひとつ…
東京駅オアゾの中の新しい丸善に行ったら、売り場がゴチャゴチャしていてこれまた本を探すのが大変だった…
検索機も常に全機誰かが使っていて、あ~やっぱ皆お目当てを探すのに苦労しているのか…と思った。
なんとなくぶらぶら歩いて本と出会うにはいいのかもしれない。
しかしあそこは本屋界のドンキホーテだ。ゴチャゴチャっぷりが。
私はもっと堅実な本屋が好きだな。

図書館があるから本屋はいいやと思ってた時期があったけど、本屋さんは情報収集の場なんだよね。
新刊や話題書のチェックだけして、あとは図書館古本屋さんを利用するパターンが多い。
でもブックオフはその辺わかってて、人気作は別に安くないんだよな。
あとかつての話題作が大量に投げ売りされていると切ない気持ちになる。
諸行無常だなという気持ちと、このまま誰の手にも渡らなかったらゴミになるのか…というもったいない視点から。
そう考えると電子書籍も悪くないと思う最近であります。

ところで最近読んだ『就活エリートの迷走』がすごかったので近々感想を書きたい

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

文房具の話  

文房具の話。


無印のノートにフリーペーパーを入れてパンダノートを作った。
少しオリジナリティが出ると嬉しい。
この表紙がファイルになってるノート、いいよね。
単純にいろいろはさめて便利だし、このように表紙をカスタムできる。
コラージュとか得意な人はもっといろいろできる。
私はそういうのまったくもってできないが…

それとかわいいスタンプ持ってたの忘れてた。

「こどものかお」というシリーズのスタンプ。
これはキウイだね。
ひとつ200円ちょっと。
持つ所がスポンジだから安価なのかも。
これの動物シリーズがかわいくて、他にペンギン、うさぎ、カエル、バンビなどを持っている。
断捨離を始めてからコレクションはやめてしまったけど、思い出したらまた集めたくなっちゃった。
でもとりあえず我慢。

シールやマスキングテープも集めてたんだけど、これまた物を増やさないと決めてからは買わないことにしている。
お店で見ると欲しくなるし、別に買ってもいいんだけど、自分に負けたような気持ちになる。
だから最近は買わない。

でも、昔集めてたキャラもののメモ帳とかやっぱりカワイイんだよなー。
サンエックスのキャラグッズなんかことごとく集めてた。
今サンエックスはリラックマ一強だけど、大スターのたれぱんだを始め昔はもっとニッチなキャラクターもたくさんいた。
今もいるんだろうけど。
懐かしいなあ。おこづかいをやりくりしてたまの週末に駅前の店に出向くのが楽しみだった。
あの頃の気持ちとか忘れてしまった。
大人になって、お金で何とかなるものはそれなりにすぐ手に入れてしまえるようになった。
それと世の中が便利になりすぎて、欲しいと思ったらすぐネットで注文してしまえたりする。
人々は欲望の我慢が苦手になってきてると思う。
昔はよかったとか懐古する人がそう思う理由はこれじゃないかな。
大して長く生きてない自分ですらそう思うんだから。
望みが叶い過ぎるというのも考えものだ。

category: よもやま話

tag: 思い出話 
tb: 0   cm: 0