monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

1/31  

帰宅の電車から。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』読了  

拍手ありがとうございます!

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』を読んだ。
文庫の方で、表紙のうさぎがなんともカワイイ

以下ネタバレ?感想。
-- 続きを読む --

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

映画『ゼロ・グラビティ』を見た  

ゼロ・グラビティを見てきました。
仕事帰りに一人で行って、同じ列の人々が自分以外全員カップルというすごい席だった。

以下ネタバレ畳みます。
-- 続きを読む --

category: 映画

tag: ソロ活動 
tb: 0   cm: 0

  

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

押見修造『惡の華』を読んだ。わからなかった 他  

拍手ありがとうございます!!
嬉しいです!!

たまには漫画感想でも。
ポイントを贈呈されたので、初めて電子書籍というものを使ってみた。
普段読むような本と同じものを買ってもつまらないので、たぶん自分で買うことがないような漫画を買った。

押見修造 惡の華(1)~(3)
惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(2) (少年マガジンコミックス)惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
表紙だけ見て気になっていた『惡の華』。
わからんな~わからん。
人に「どういう話?」と聞かれても答えられないくらいのわからなさ。
今のところ、主人公が頭のおかしいクラスメイトにつきまとわれる話。
読後感はあまりよくない。というか、何を伝えたいのだろう?という感じ。
でも、その「訳のわからなさ・不条理さ」を伝えたいんだろうなということはわかる。
そもそも、同作者の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を読んだ時点で、この人の漫画は総じて「わからない」けど、何か痛いところをつかれるような気がする作品なのだということは察しが付いていた。
画像左から1~3巻なんだけど、3巻表紙の女の子がひたすらまとも。
この中ではまともってだけかもしれないけど。

吉田秋生 海街diary(1)
海街diary 1巻
鎌倉に住む4姉妹の話。
四者それぞれの悲喜こもごもがふんわりと描かれている。
姉妹がほしくなるなあ。

松井優征 暗殺教室(1)
暗殺教室 1
これも表紙を見て気になっていたのと、電車で読んでいる人(10代が多い)をよく見かけるので読んでみた。
面白かった。
ちょっと子供っぽいのかなあと思ったけど、ぶっとんだ設定の割には学園もの(先生と生徒もの)としてよくできてる。
人間じゃないのに人間臭くて、生徒とも向き合っている。
こういう「いい先生」を人間で描かれると「どーせフィクションじゃん。うさんくさー」って思っちゃうけど、はなから人間じゃないしドフィクションだから逆に生徒と心が通う場面も反発なしで読める。
これはちょっと続き読んじゃうな。

電子書籍を携帯に入れておくと、狭い電車内でも読めるのが便利だと思った。
まあ携帯小説とかあるもんね。

category: 読んだ(漫画)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

タイトル変更  

ハンドルネームとブログタイトルを変更した。
タイトルは「喪の暦」です。
ついでにモノ・物の意味も含められればと思い、気取ってローマ字にした。
2014年もよろしくお願いします。

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

捨て報告14/1/3  


エンジェルスコープ

正月とか関係なく、むしろ正月だから物を捨てる。
すぐごみに出せないのが難点だが…

(捨て1/3)
・子供だましのエナメルバッグ
・巾着
・シャボン玉セット
・ゲームソフト
・パソコンゲームソフト
・その攻略本
・パソコンゲームのコントローラー
・ペットボトルケース
・子供用ビニールリュック
・カセットテープ
・謎のコード
・エンジェルスコープとかいう携帯ゲーム
・CDスタンド
・うちわ

改めて、「使えるから取っておく」というのは愚の骨頂だということ。
問題は使うかどうかだ。
前も書いたけど、死蔵させて場所をとるほうがコストが高い。
「使えそうだから捨てづらい」の最たるものがコード類だと思う。
そして私は実家なんだけど、年寄りというのはコードとか電化製品の類を捨てるのを渋るので、見られないうちに捨ててしまうのが吉だ。

ところで少し面白い話というか、驚いた話。
私は集合住宅なんだけど、集合住宅内で間取りが全く同じ物件の家の中を見る機会があった。
そしたら…うちって物を減らせばこんなに広いのかとそれはそれは驚いた。
うちには「物置部屋」という本当に人間がいられるスペースが50cm四方しかなくてあとは全部ものという呪いのような部屋があるんだけど、その部屋、普通にワンルーム独り暮らしできるレベルだった。
また、母の部屋も足の踏み場もなくて四方に家具鏡台ベッドがあって人一人座るのがやっとなんだけど、きちんと部屋として機能させてるのを見たら、雑魚寝なら余裕で7~8人いけるレベルだった。
自宅が狭い狭いと思っていたけど、やはり物が多すぎなだけなんだということがわかった。
それで私に与えられているのはベランダへの通り道になっているせいで家族全員お構いなしに入ってくる部屋。
しかも自分のじゃないタンスがある。
頑張れば実家も広くできるんだけど、親との闘争は避けられないし、大量の粗大ごみを捨てる手間暇ストレスを考えると家を出たほうが早いので、今住んでいる家をどうにかする気はない。

『親の家を片付ける』という本がブームだけど、親も歳だし近い将来自分もそうなる。憂鬱。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

あけまして捨て報告とか色々  

あけましておめでとうございます。
年末は掃除や読書をして過ごしてました。
あとは一人で趣味関係の外出をしたりした。

年末に書ききれなかった捨て報告
・ぼろぼろの腕時計
・ネックレス×2
・手帳のリフィル
・単語カード
・手帳カバー
・コンパス
・靴下(ゴム伸び・穴あき)

使い切り
・4年くらい使ってるチーク
チークってなぜこんなになくならないのか。

逆に買ったもの
・小花美穂『こどものおもちゃ』全巻
・その他書籍数冊
・cocoiroという筆記具
(簡易筆ペンみたいなもの・見た目がかわいく、外身と中身の色が充実している。私は水色のレフィルに灰色のインクカートリッジを買った。手紙が書きたくなる)

それにしてもこどちゃ名作すぎ。
直澄くんの、「僕のこと好きなんていう紗南ちゃんは嫌いだ」って言う台詞に涙を禁じ得ない。
そこの紗南も切羽詰まってるのはわかるけどそれはないだろと思った。
直澄くんの気持ち考えたことあるのかよ…って。
大人になると感情移入する対象が変わってくるね。
切ないな。

現実はもっと切ないけどな!
切ないというか皮肉。まあそれはいいや。

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告  書籍 
tb: 0   cm: 0