monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

読書をしなくてはと思っている人へ  

私は人と会うと読んだ本の話をよくするんだけど、十中八九の人が「私も本読まないとな~」と言ってくる。
それについて、自然発生的に読みたいと思わなければ別に読まなくてもいいし、義務感で読むほどのもんでもないよなと常々感じる。
私は暇だから本屋や図書館をウロウロして、その結果というかついでというかでまあ手ぶらも何かって感じで本を持ち帰って読んでいる。
あと体力を使わないし一人でできるのもいい。
他に趣味ややりたいことなどがあればそれをすると思う。
逆に言うと本読まないとなーと言っている人達は、他のことに時間を使っているのだから、それでいいと思う。
私も学生の時はあまり本を読まなかった。高校生までは部活や受験勉強や宿題や友達と無意味に何時間も話をすることに時間を使っていた。あとお笑いもよく見ていたと思う。
大学生も基本的には同じで、加えてバイトやレポートや仲間内での活動のため、とても本など読んでいる暇がなかった。
学生が本を読まない!と騒がれているけどまあ当然かなと思わなくもない。そりゃ読んでる人もいるけど…

たぶん、本をたくさん読みなさいという教育が強すぎて大人になっても強迫観念として残り、読まなくてはいけないような気がしているのだと思う。

本を読むと頭がよくなるとか思考力文章力が身に付くとかは嘘だ。
いや、まるっきり嘘とは思わないけど、身につく人とつかない人がいるから、二次的な副産物を求めて読むくらいだったらガッカリするからやめとけばって感じだ。
本を読む側からの上から目線で言ってるわけではなくて、私だって本なんか読まずに自分で何か楽しいことを創り出せる人間だったらよかったのにと思う。
一人より大勢が好きででも一人でも色々できてやりたいことがたくさんあって…みたいな。
人間としての理想が高い。

今も仕事について色々読んでるけど、これについては私はもう頭でっかちで、自分に足りないのは行動することだと自覚している。
私自分でもびっくりするけど、リア充タイプではないものの例えば人に嫌なことを押し付けたりさぼったり規則を破ったりする人よりは人生うまく渡っていけるだろうしそういう人たちを出し抜けると20歳くらいまでは思っていた。
就職活動を機に、いわゆるリア充の方が断然有利だし世の中もそういう人材を求めている!!と気が付いてこの世の仕組みを知った。端的な言い方だけど、とにかく地道に生きてればなんとかなると思っていたのだ。
それが今どうだ。この体たらく。

脱線したけどだからつまり何だ、本を読んだからといって立派になれるわけでもないしむしろ現代で評価されるのはとりあえずなんでもやってみる人の方だから、読書しなくちゃという強迫観念に苛まれてる人には大丈夫ですよと言いたい。
スポンサーサイト

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。