monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

工場の貼り紙から学んだこと  

化粧下地使いきった
新しいの欲しいけど去年の日焼け止めで代用してそれが終わるまで我慢…
ストックはしないことにしているのだ。

ところで、最近工場みたいなところに行く用事があったのだが、そこに参考にしたい貼り紙があった。

整理とは、必要不要の仕分けをすること。
整理をして残ったものを整頓をする。
不用品を手間隙かけて整頓しても無意味


このようなことが書いてあった。
昔、就職活動のグループディスカッションで整理と整頓の違いについて論じさせられたが、これは納得できる。
これで言うと私の母が一生をかけて行っているのは「無意味な整理」の方だ。
その事に気が付いて欲しい。


あと、個人的に最近気付いたことがある。
今まで帰宅すると、着ていた服をつい部屋の台になっている部分に積んでしまっていた。
そしてその積み重ねられた服の中から次の日に着る服を探すというなんともだらしない生活をしていた。
しかし最近、その台になっている物自体を置くのをやめたら、必然的に服を脱ぎっぱなしにしなくなった
置く場所なければ置かないもんなんだな。
これも手持ちの服を減らしたことによって台の撤去ができて省スペースに成功した例だ。
もっともっと物を減らしてしまいたい。
関連記事
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/180-9efd9023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)