monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

チリ落盤事故の記録  

あー…
6月の手帳が面接日以外まっしろだ。
現実逃避したい。

最近は一昨年に起こったチリ落盤事故のドキュメントを読んでいる。
事実は小説より奇なりってこの事だなと思う。
ニュースでは救出に成功した明るく感動的な面が主に報道されてたけど、当然ながらその裏では我々には想像もつかないほどの労働環境・辛さ・悲しみ・困難・葛藤・混乱などがあった。
むしろそちらのほうが大きい。
少し考えればわかることなのに、こういう面には目を向けなかったなと自分の想像力の乏しさを感じた。
地下700メートルに閉じ込められるというのがどういうことか、地上と地下それぞれの葛藤の大きさは、我々の想像を遥かに超える複雑さを持ったものだった。
また、鉱山のふもとでキャンプを張って家族や親族との再会を待つ家族たちの気持ちはとても推測できるものではない。
まだ途中だけど、ニュースがいかに美談の部分にフォーカスして報道しているかということの一例をみた。

関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/209-4df70c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)