monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

「そうじ力」をどう捉えるか  


という本を読んだ。
この人の2冊目の本らしいんだけど、1冊目は読んでいない。

仕事をしている人向きの掃除本…というよりは自己啓発本かなあ。
「磨きこみ」という、たとえば四角い机だったら横方向→縦方向→枠を縁取るように拭くことによって気持ちを落ち着かせたりやる気を高めたりする方法というのは一つの「おまじない」的な気分でやってみるのはいいんじゃないかと思った。
集中力を高め、頭の中を整理することによって持っている能力を存分に発揮するための一つの手段が「そうじ力」であるって感じかな。
人によっては掃除でなくても運動とか瞑想とか何でもいいわけだ。

「そうじ力」をつけたからと言ってそれだけで運気が上がるわけではない。
そういうスピリチュアルな力は掃除に求めていない。
しかし2chの掃除全般版でも掃除をしたらこんないいことがあった!みたいな報告レスをよく見るので、もしかしたらいいことがあるかも!と思うことがやる気につながるならそれはそれで構わないと思う。
一種のゲン担ぎみたいなもんだな。

ただ私はあまり性に合わずサラ~と読み流してしまった。
考え方も人それぞれだよね。「自分磨き」の一環として断捨離をしている人もいるだろうし。
個人的には掃除や片づけ、断捨離を自己啓発の方向に寄せて考えてはいないから少し身構えてしまったんだと思う。

関連記事
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/211-a033f258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)