monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

取捨選択の時期  

最近何気なく思うのですが、人付き合いも取捨選択する時期なのかなと感じる。
昔の友達とも共通の話題がなくなったり、少し幻滅するような出来事があったりして、そんな思いまでして関係を繋ぎとめておく理由ってなんだろうとか思ってしまった。
例えば友達が、私には到底理解できないようなものや正直言ってしまえば軽蔑しているようなものに傾倒し始めたりするようなことが重なって近頃とくにそう思うようになった。
そういう人とははっきり言ってしまえばもう付き合わなくても一向に構わない。

しかしそう考えると、まったく考え方の同じ人間なんていないし、こんな事ばかり言っていたら友達なんかいなくなってしまう。
私はたぶん居心地のいい人とだけ一緒にいたいと思っているふしがある。
世の中には、人との出会いをどんどん広げたいっていうタイプの人も存在するけど、私はその労力が惜しいっていう怠け者なところがあって、一度居心地のいい人間関係を得るとそこから抜け出したくなくなってしまう。
そのうち相手には新たな人間関係が生まれて、私も努力をしないのでだんだん離れて行ってしまうっていうパターンが過去にあったように思える。
かと言って、過度な「内輪」を楽しんでる団体は嫌いという矛盾した考えも持っている。

考え方が違っても、相手の意見も尊重しつつ自分の意見も言えるようになればいい関係がずっと続くんだろうけど、一度幻滅するともうダメだ。
「私そういうの嫌いなんだ」
の一言が言えないから人間関係ごと切ってしまいたくなる。
要するに嫌われるのが怖いという臆病さ+コミュニケーション能力が不足しているのか。

友達って何だろうなあ。
真に孤独ではない幸せ者だからこういうことを考えるんだと思う。
非常に傲慢。
なんだか中二病っぽい日記になってしまった。
20代が考えるには幼いテーマだな。
関連記事
スポンサーサイト

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/274-363d96d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)