monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

捨て報告12/12/9 青い鳥文庫の思い出  

気が付けば12月で、今年のモノ減らしも気合を入れていこうと思う時期になりました。



さて、今回は小学生のときによく読んでいた青い鳥文庫の本12冊を手放すことにしました。
はやみねかおるさんの夢水清志郎シリーズと、松原秀行さんのパスワードシリーズが好きだった。
だいたいは図書館で借りて読んでたんだけど、いくつかは自分でも買い集めたものがまだあった。

夢水清志郎シリーズはNHKで双子探偵というタイトルでドラマ化されたけど、原作は三つ子なんだよね。
たまに「う~~ん???」と思うようなトンデモトリックがあったりするんだけど、キャラクターがそれぞれ個性があって面白かったのでよく読んでいた。

パスワードシリーズは、頭もきれて美人という設定の「ネロ」に憧れた。
通信塾の掲示板?(今で言うチャット)で出会った5人の小学生がオフでも知り合いになっていろんな事件が起こるという話。
今は昔ほどチャットとかも珍しくないもんね。時代の流れだな。

これらのシリーズって完結してるんだろうか。
パスワードシリーズには中学生編があると小耳にはさんだんだけど…

ところで余談ですが、写真の箱はティッシュ箱の上の面を対角線上に切って内側に貼りつけた本箱で、コミックや文庫本がちょうど立てて収まる大きさです。
01.png
(クリックで拡大)

奥行きがある本棚に本を詰めるときに一気に取り出せて便利。
私は面倒くさがりなのでティッシュ箱の柄のまま使ってるけど、器用な人は画用紙やマスキングテープで加工したらいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告  思い出話  書籍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/278-23622906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)