monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

奔走  


春でしかない。
ちょっとオシャレぶった写真なんか貼っちゃう。

先日は、銀行口座開設と、4月に職場に提出する書類を揃えに行きました。
つまらん行動記録です。
「身分証明書」を生まれ育った場所の役所でもらおうとしたら、どうやら本籍地が違うらしく、そこでしか発行できないということで、急遽本籍地の役所まで行ってきた。
道中、JR線から別の路線に7分ほど歩いて乗り換えなきゃならなかったんだけど、なぜか道に迷って、目的の駅とは全然違う私鉄の駅にたどり着いてしまった。
改札に入ってしまってから気が付いて、駅員さんに謝って、ついでに目的の駅までの道のりも聞いて、無事に目的地まで到着することができた。
駅員さんが優しい人でよかった。

昔、大学受験の日に大きい駅で迷って、駅員さんに
「東口はどちらですか?」
と聞いたら、
「どっちってねえ(ため息)」
みたいな感じで教えてもらえなかった経験から、駅員さんに話しかけるときは身構えてしまう。
余談ですが、写真はその道に迷っている最中に撮ったものです。

役所は薄暗くて、待合の椅子がバーーーッと並んでいて、何かのターミナルっぽかった。
転出転入窓口がものすごく混んでた。
皆新生活が始まるんだなと思った。
身分証明書は、私が顔写真付きの証明書を持っていなかったから、本人確認の一環として家族構成、干支、出生地を聞かれ、無事に発行してもらうことができた。

空腹だったので、帰りにファミレスに寄った。
ひとりファミレスが結構好きなのだ。
外で一人で食事をとる時はポッドキャストをよく聞いている。
今は東京ポッド許可局か、音楽が延々流れる番組を聞いていることが多い。
食事をとっていると、全員おとなしい感じの男4女4の集団と、それと対照的ないかにも「運動部系リア充です」って感じのこれまた男女4人ずつくらいの集団に挟まれるような形になった。
前者の集団は一体どういう集まりなんだろう…
途中でおとなしいグループの一人が帰って行ったんだけど、どうやらおごりのようでそれが衝撃的だった。
おとなしそうなのに、男におごってもらうことを意に介していない…!
自分とは違う何かを感じた。

ところで、顔写真付き証明書がないことが非常に不便なので、住基カードを作ることにした。
本人確認に保険証を出して、他にもやはり家族構成、家族の生年月日、本籍地(番地まで)、前住所を聞かれた。
前住所に関しては、赤ちゃんなんだからわかるわけないだろ…
でもそれでも申請はできたのでよかった。

自分がこの世に存在を登録されてるってなんだか不思議な気分になるんだよな。
しかもそれによって「何者でもなく」はなれないんだもんな。

関連記事
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tag: ソロ活動 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/305-de8cdd14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)