monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』読了  

拍手ありがとうございます!

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』を読んだ。
文庫の方で、表紙のうさぎがなんともカワイイ

以下ネタバレ?感想。
勝手にふるえてろ (文春文庫)
 26歳告白されたことなし彼氏いたことなしの主人公は初めて社内の男性に好意を向けられるけど、初恋の人をずっと思い続けていて…
という話。
あらすじだけ書くとただの恋愛小説っぽいけど、主人公のキャラクターが物語を一筋縄ではいかないものにしている。

主人公の江藤さんは、中学のとき一方的に 憧れていて、直視しないように「視野見(他の場所を見ているけど、意識は視界の隅にいる相手を追っている状態)」なんかしちゃったりして、ほとんどまともに話したことがない男の子を大人になってもずっとずっと好きでいる。
少しだけあった接点を大事に大事に暖めて、思いを募らせ育てるようなことまでしてしまっている。
大人になってから再会して、案の定向こうはこちらの名前すら覚えてなかったことが判明するんだけど、その場面が痛い。
痛いって痛々しいって意味じゃなくて、思ってるだけだったら幸せだったのに現実って残酷だな、こうなることは薄々気付いてたけど、という痛さ。
江藤さんはどこまでも身勝手で独りよがりだ。
初恋の相手に対しても、言い寄ってきた社内の男性に対しても。

こんな風にいつしか自分の中で勝手に作り上げた幻想を愛おしんでしまうの、身に覚えがありすぎて…
思えば江藤さんの初恋の男性だって、彼女の主観でしか語られてないけど、少なくとも大人になってからの彼は実際のところ弱くも儚くもなくて適度にチャラいんだと思う。
チャラいというか、そつなく人生をこなしていて、江藤さんが好きでいるような要素って実はそんなに持ち合わせてないと思う。
同級生との鍋のシーンで思った。
好きな相手の好きな部分は実は虚像で、すなわち「私の好きな彼」はこちらの脳内にしか存在しない、っておかしな話なんだけど、これこそが幻惑にとらわれている状態ってやつで、私にはよくわかる。

「私はつめたい大理石のうえに寝そべり、石の表面に自分の体温がほんのりと移っていくようにニのことを好きになるかもしれない。」

という一文が気に入った。
ニとは社内の彼。
江藤さんの恋愛は本当に自分勝手だけど、こういう感情の意識の繊細さが素敵だしそれでいいじゃないと思う。
じわじわ感の比喩としてとても見事だ。
ただ「石があたたまる」のではなく、温かさが「移ってゆく」としてるのが自分の感情が相手に影響を及ぼすのだということを表現していて良い。

「気が合えば合うほど、二人の間の永遠に縮まらない距離が浮きぼりになる。気が合う、だからなに?ふつうよりちょっとだけ距離の近い平行線、なんの火花も散らなければ、なんの化学変化も起こらない。」

この一節は、普段私が思ってることをこんなにもわかりやすく言葉にされてしまったと思った。
今の自分への戒めのようで、身につまされる。
趣味が同じ人とは話が弾むのは当然で、そこから何かが起こるかと言えばそうではない。
起こるならとっくに起こっている。
気が合うと感じるからこそ、もどかしさが加速する。
この辺は自分で言うのも気が引けるけど考え方が大人になったと思う。
10代とかだったら、気が合う!運命!付き合わない方がおかしい!くらい思ってたかもしれないけど、今はその「気が合う」こと自体が交際に発展しない根拠にまでなっている。逆転している。
現に昔サイン帳(懐かしい)の「好みのタイプ」の欄に「気が合う人」と書いていた。
しかし気が合う異性を見つけられるほどのコミュ力も積極性もないまま十代は過ぎ去り、大人になってようやく興味のある分野を通じて色んな人と話す機会が持てるようになった。
相変わらず物語始めの江藤さんと同じ立場だけど。
「視野見」をしなくてはいけない片想いをしなくなったのもそれからだ。
嘘、見栄張りました、視野見してるわ。
相手を含め大人数がいる飲み会とかで。
これ、いい造語だよなあ。
きっと誰もが経験あるんじゃないだろうか。
視野見があるなら、その聴覚バージョンもあるはずだ。

片思いでも思う人がいれば孤独じゃないと言っていた江藤さんの気持ちはよくわかる。
ヒマなとき思い浮かべたりする相手がいるってそれだけでわりと幸福だと私は思ってるから、それ以上のことを平気でやってのける世の中の人って結構貪欲だなと思ったりする。

なんだか感想にかこつけて自分語りまでしてしまったな。
吐き出すだけでも少し気持ちがいい。
関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/369-bdbe1be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)