monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

溺れて累ねて  

ジョージ朝倉「溺れるナイフ」一巻だけ読んだ。
もう男は女に惚の字まではいかなくても特別視はしてるのに、女の方がモノローグで「どうしたって手に入らない」と言ってるのが腹立った。
私自身が今置かれている状況と比べるから妬ましいんだと思う。
そりゃ相手の気持ちを知る由がないからそういう風に思うのは自然なんだけど。
しかし美少女設定だしなー
小説や漫画の美少女設定ってそれだけで気持ちが冷めることがある。

一方醜女の変身もの?で人間の業を描く「累(かさね)」という漫画も一巻だけ読んだけど、これは続きが読みたいと思った。
汚い感情とわかっていてもどうしようもないときってあるよな…とか。
本当に何もかも違う世界の人っているんだよ。テレビの中とかじゃなく、身近にも。
あまり漫画は詳しくないけど、こういう妬み僻み嫉み卑屈を主人公目線で描く少女漫画?は新しい気がする。
二巻も読まなくては。
関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(漫画)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/382-e77a0820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)