monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

胸の痛んだ出来事  

週休2日欲しい。
いや3日。
3日あったら寝る日、家事の日、出掛ける及び有効なことに使う日として使う。
今は金曜の夜だけど、明日も仕事だから何も楽しくない。
今社内で一番偉い上司から押し付けられた仕事に手を焼いていて、しかもそれがやってもやらなくてもいいようなやつで、明日もそのために出社するようなもんで、腹しか立たない。
一番偉いと言っても、大きくない会社なので全ての雑用が下っ端に回ってくる。
で、そんなこの会社において胸が痛んだ出来事がひとつ。
ここ数週間インターンシップ的な研修の子達が来てるんだけど、その子たち同士は知り合いなのでだいたいいつも一緒にいる。
そこで外野からみても少し浮いてしまっている内気な感じの子がいて、様子を見てたんだけど、先日うちのお局様にめちゃくちゃ叱られていた。
叱られるには原因があるんだろうし、溶け込めないのも性格の内気さにあるんだと思うんだけど、心が痛んだ。
これは同情だ。優しさとかじゃない。
もしくはなんと言うか、自分もああなりかねないという感情から来る至極自分のための胸の痛みでもある。
その子、いつもほかの研修生とはつるまずに行動してるんだけど、下っ端の私が一人でやってる仕事は手伝おうとしてくれる。
この感じも…わかります?
話しかけやすそうな人(同じ匂いを感じたのだと思う)にはなんとか接そうとする…
わかる、わかるよと思うと同時に、自分もこう見えているに違いないと思わせてくる存在。
好きとか嫌いとかそういうのではなくて。
うまく説明できないんだけど、行動一つ一つがああああああと自己嫌悪させられる。
その子に下される評価がそのまま自分への評価に感じる。
こんなこといたいけな若者に感じて悪いと思ってるけど止められない。
こういうの、感じない人は一生感じないんだろうな。
視界にも入らないんだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/389-2fd69896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)