monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

津村記久子『やりたいことは二度寝だけ』を読む  

やりたいことは二度寝だけ
やりたいことは二度寝だけ

津村記久子さんのショートエッセイ集『やりたいことは二度寝だけ』を読んだ。
非常によかった。家に置いておきたい本だ。

津村さんは「OLの日常小説」とでも言おうか、とにかくしがない会社員が出てくるお話を主に書いている方です。
なぜわざわざ「しがない」と形容したかと言うと、アフター5はおしゃれなレストランで彼とディナー♡とか、エステでリフレッシュ♪とか、合コン三昧☆とか、まるで雑誌の「着まわし30days」に出てくるようなOLさんの日常ではなく、本当に淡々とした会社員の視点による小説が多いからだ。
上司がいて先輩がいてお局様がいて…っていうフィクションだけど現実でありそうな世界、でもやっぱり虚構の世界というのが津村さんの小説の常である。

私がこの作家さんの物語に出会ったのは、たしか『そういうものだろ、仕事っていうのは』というオムニバス短編集に収録されていた『ブラックボックス』という話だったと思う。
自分の元にやってくる書類を絶妙にさばく人が社内にいて、書類の依頼主によっては時にせんべいの缶に葬って出すべきタイミングで出す…とかそういう話だったと思う。
リアルな人間観察っぽくて印象に残っている。
せんべい缶というアイテムの選び方とか妙な現実味とか。
そして先日『ポトスライムの舟』を読んでそれもえらく気に入ったという経緯があったので、エッセイを手に取ったのです。

驚いたのは、(今もそうかはわからないけど)日中は会社員として働き、仮眠を取って夜中に小説を書いておられるということだ。
小説のオフィスがやけにわざとらしくなく現実的なことに合点がいった。
人間やろうと思えばこんなこともできるのだなと感心した。

「なんでもないことを面白く書く」のがエッセイのコツだとは思うけど、もっと言うと「人が気にしていないものに独自の「気付き」を与える」のもエッセイの在り方だと思う。
その分野だと最近読んだ谷川俊太郎さんのエッセイなんかはさすが着眼点が詩人だし、詩人なのに気取っていないわかりやすい言葉だけで書くんだな、いやむしろ詩人だから言葉を選ぶのが上手なのかといたく感動した。
かつてのさくらももこさんも、どうでもいいことを書いているんだけど、その報告のしかたがプロだなと思わせるエッセイを書いていた。
彼女の場合は自分のことを書きつつも、その中身の経験と少し距離をとっているやり方つまり自分のことでありながらどこか客観視して書くということに非常に長けていたから面白いのだと思う。

津村さんもなんとなくさくらももこさんのエッセイに雰囲気が近い。
健康に興味があるところとか(笑)、自分に対して冷静なツッコミや疑問を投げかけているところとか。
スズムシに関する話があったのでさくらももこさんの「スズムシ算」を無意識に思い出してしまったのかもしれない。
それにしても、津村さんなりのこだわりとか人柄が見えて非常におもしろかった。
具体的にはちょこちょこ出てくるメモやマスキングテープなどの文具の話や植物や生物の話が好き。
私も「ずぼらなくせに妙なことにこだわるタイプ」だったりするので、他の人がなんとも思っていないようなことについて持論を展開している他者の存在というのは興味深い。
ご本人があとがきで書いていたように、ちょっとしたときにぱらぱらとめくりたくなる本だ。
津村さんとお友達になりたいと思ってしまった。

ちなみにこの本に教わった、A6の裏紙メモを3回半分に折って罫線代わりにするというライフハック(貧)は早速活用しています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 津村記久子 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/395-078a0679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)