monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

仕事とは  

仕事というものが一体何なのか分からなすぎるのが、今の生活がこれではいけないと漠然と感じて地に足がついていない心地のする原因だと常々思っている。

仕事と人との間にどういう付き合い方や距離感があるのかを探るべく、というと大袈裟だけど、とりあえず身近なところからサンプリングしてみることにした。

ルーズリーフに、
名前
職業
正規非正規の区別
始めた時期
きっかけ
聞き知った限りの仕事内容
勤怠と休日
その他
の項目について思うままに書き出してみた。

一人につきルーズリーフ2分の1枚でとりあえず10人分集まった。
特筆すべきはやはりその他の部分で、ここには雑多に、パートのおばちゃんが空気の読めない人で困ってるらしいとか、こういういきさつで社内に彼氏ができたとか、同期との折り合いとか、やりがいを感じているかとか、嬉しい、辛いのはどんなときか、変わった選考があったとかを思い出せる限り書いている。
たぶん最も重要な項目だと思う。
逆に激務だけどお金のために頑張ってるとかそういう人を除き、給料には触れていない。
聞かないし、それよりは気持ちの面を知りたいからだ。

別に取材をしたわけではなく、遊んだときに話題にのぼったことや、SNSで本人の口から出ていた情報も含まれている。

こんなことをしていて自分でも気持ち悪いことは自覚している。
書かれた人ごめんなさいと思う。
それに10人サンプリングしても今のところ何か法則や傾向が見つかったわけではなく、単に十人十色だなあと思うだけ。
ただ、人それぞれこんなにいろんなパターンがあると思うことで自分が仕事をしている現実にも意味や理由を見出したいような気がするのだ。

しかしこんな個人情報満載の紙をわざわざ生産して私は一体何がしたいんだろう。
就活を真面目にやらなかったから今になってこんなことをしているのかと一瞬思ったけどこの活動は就活の企業研究的なものとはまったくの別物で、もっと「仕事」を「人間」に寄せて大枠でとらえた、かっこいい言い方をすれば人間哲学であると位置付けたい。

ひとつ言えるとすればおよそ半分くらいがやりがいもないし楽しくもないけど生きていくためにやってるという子で、やっぱりそれもアリだよねこのままでもいいやと思う。

あと何人分集めれば満足するのか自分でもわからないけど、どこかで何かの、もしくは自分でない誰かの役に立てばいいのにと思う。
でもこんな個人情報第三者の役には立たないだろうなあ。
また人に言えない変な活動を増やしてしまった。
関連記事
スポンサーサイト

category: よもやま話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/440-300306c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)