monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

20150112  

拍手ありがとうございます。
私の意中の人間にちょっと好意を持ち始めた女性がいるようだ。
それを意中の人間本人から聞いた。
(彼自身は共通の友達から通達を受けたらしい)
聞いたというか匂わされた。
なんだろう、試されてるのか?とか思ってしまうし、自惚れたくないから即時に打ち消す自分にも呆れる。
早計だけどこれでまんまとくっついたら…と考えるのも嫌だ。
ないと思うけどこれが相手の変な駆け引きなのかと思う浅ましさも嫌だし、そうだとして引っ掛かるのも悔しいしこんな駆け引きするつまらない人だったかなと思う。
なんかダサイ。スマートじゃない。
てことはやはり駆け引きではない。
ちょっとしたモテ自慢を誰かに言いたかったんだろうなと自分を納得させようとしてる。

一方私は集団の中での戦友意識が強すぎてますますこんなまさかなことを言えないでいる。
あの場を引っ掻き回して本人と周りの人を困らせたくないのが一番だ。
到底言う勇気がないのにもう言って楽になりたいという強烈な板挟み状態。

そのような中で、前から気になっていた、「この人は集団の中の人間でしかも一応女というだけで色々よくしてくれたり話し相手になってくれたりするのではないか」という問題についてここは勇気を出して聞いてみたところ、いまいちここにまとめて書く筆力はないけど概ねそうではないという解答が得られた。
ここは卑屈にならず信じる。
でないともう一歩も動けないのだ。

やめたい。やめたいけど話せば話すほどいつまでも私の話し相手でいてくれないかなと思う。
関連記事
スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/448-9225832e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)