monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

近況2015年7月  

拍手ありがとうございます。
やっぱり1ヶ月か。
遠くに住むかの人間と先日また電話をした。今回は私から。
教えてほしいことがあったのでそれを聞くというのと、なんとなく近々連絡しようと思っていた。
教えてほしかったことについての話はすぐ終わって、あとは近況とかその辺の話を本当に数時間してた。
よくこんなに話すことがあるものだと思う。
それなら互いにもっと密に連絡を取り合うべきなのだ。
結局人はというか私は生来のものに加え今まで互いに培ってきた共通言語(日本語や英語といった母語という意味ではなく)を持った人間と会話することの気持ち良さから逃れらないのだ。
こうなるともう恋なのか執着なのかわからなくなってくる。
向こうはどうか知らないけど少なくともこういう時間を過ごすことに付き合ってくれているという事実があって、それをどう説明するのか。
一言で言うと狭いところで人間関係をおかしくするわけにはいかないしその「狭いところ」が失いたくないものであるというしがらみがあって、それはお互い様なのかもしれないと最近思う。
とてつもない根競べをしているのでは?という妄想に取り憑かれるのが辛い。
勝手にうぬぼれてるだけで、いざ相手に彼女がいたとか結婚するとかなったら勝手に裏切られたみたいな気持ちになるんだと思う。
これってあれですか友達以上何とやら的なことですか。違うのかな。
どうしてこういう込み入ったことになってしまったのか。

そして会いたかったのに遠いこともあって少なくとも季節が変わるまでは無理そうなのも辛い。
色々とやる気がなくなってしまった。
笑えてくるもう本当に。
関連記事
スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/468-bcefe851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)