monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

秋晴れの日  

更新が滞っていたのに拍手ありがとうございます。

今日は祝日で休みだった。
今が土曜の夜ならいいのにと無意味なことを思ってしまう。

今日は午前中読書やゲームでダラダラして、午後は図書館に行って帰りにコンビニでアイスを買って食べた。
図書館に行くときに本当に気持ちのいい青空と気候で、私が会社に行っている平日の昼間もこんなに素晴らしい日がきっとあるし、季節はこちらの事情に関係なくただそこにあるのにと思ってしまった。
私達は自分たちのやり方次第でいくらでもそれを享受することができるはずなのに。

帰りにアイスを買って食べているときも、別に何もないけど人生そんなに悪いものではない、と漠然と感じた。
それなのに会社へ行く日になると途端に憂鬱になるのはどうしてなんだろう。
友達にもよく聞くんだけど、「仕事嫌だけど、行くとそうでもない」とか「行けば諦めがつく」と言ってる人が多い中、私は休日の終わり~次の休日までがひと時の休みもなく憂鬱だ。
でも休みの日は前述のように穏やか。
よく言う非定型なんちゃらの軽いやつかなと思うけど、そんなこと言い始めたらいよいよなのでただ日々を少しでも楽にする方法を考えるしかない。
落差が嫌なんだよな、なんとかならないかな~

図書館で本を選んでいる時間は好きだ。
本屋さんでも同じことが言える。
今年は翻訳物をよく読んでいて、今はキングとクリスティが多い。
クリスティはミステリでない、かつて別名義で出版したという群像劇ものというかそういう作風のシリーズがあるんだけど、1950年代の作品(しかもイギリス)だったりするのに悩んでいることや問題になることは変わらないんだなと思う。
まあ徒然草にも同じことが言えるんだけど…


アイスはピノの季節限定のベルベットショコラ味というのを買ったけど、外のコーティングがすっぱくておいしかったです。
関連記事
スポンサーサイト

category: ふつうの日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/480-8ab82ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)