monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

捨て報告16/1/11  

年末年始にも大掃除をしていて、もう捨てた物の記録も取っていなかった。
自分の物は着実に減っているのに、家族はなかなか物を減らそうとしない。
歳を取ると却って物に固執するのだと思う。
そんな時に無闇に捨てろなどと言ってはいけない。余計依怙地になるからだ。
せいぜい自分で自分の物を整理している所を見せつけ、共有部分にある「絶対忘れてると思うし明らかにゴミで捨てても大丈夫そうなもの」を陰でコッソリ処分するくらいが関の山だ。
私はここ数年の物減らし経験によりその辺のことを心得ているのに、家族が私の所有物を見て「そんなもの捨ててしまえ」と言うのでこの年末声を荒げてしまった。
これに限らないが(というか氷山の一角)、家族間の摩擦は年々増すばかりで家の中の閉塞感は尋常でない。
複雑な事情から家を出ろというアドバイスは受け付けていない。
長くなるからこの話はいいとして、、、

(捨て1/11)
・15年前くらいのホッカイロ20パックほど
・ジグソーパズル2箱
・着すぎて色褪せたジャケット1着
・母から譲られ一度着たがやはり時代錯誤過ぎた服1着
・携帯ゲーム機の箱×2

ホッカイロは冒頭で述べた「コッソリ処分」の枠に入るもの。
ジグソーパズルは持ち主が私なのか家族なのかはっきりしないが「捨てていい?」と聞くと絶対反対されるので聞かずに捨てる。
私の部屋にあったのだから権利は私にあるはず。
ジャケットは学生の時によく着ていて、着ていたある日の楽しかった思い出もはっきりと覚えている。
ただ私が決別するのは色褪せた服そのものであり、思い出ではない。そう思わないとやってられない。
そう思うと私の人生にはちゃんと楽しいこともあったのだと気付くけど、ここ最近社会人になってからはそれすら忘れてしまうほどに酷い。
ゲームの箱は「捨てられないよねー!」と友達と話したこともある一品。
保証期間も過ぎているし、今更リサイクルに売りに行くこともないと思われるので潔く捨てる。
DSLiteと3DSなんだけど、DSLiteはストラップとタッチペンの予備が入っていて、この頃はまだゲーム業界も景気がよかったのだろうかとふと思った。
予備が入っていることを意外と思う自分に、この世の最近の世知辛さを見た。
だいたいの今お得だなと思っているサービスは近い将来なくなるだろうと思って生きている。
目下なくなりそうだと思っているのは、やけにポイント還元率の高い薬局のポイントカード(もしくはポイント率改定)と、使っている銀行のATM手数料月4回無料サービスだ。
なくなりませんように。

関連記事
スポンサーサイト

category: 掃除・物減らし

tag: 捨て報告 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/493-72b7b5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。