monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

角田光代『愛がなんだ』読了  

最近続けて角田光代さんの小説を読んでいる。
歌人の枡野浩一さんのポッドキャストで角田さんの本の話が出たことをきっかけに読み始めた。
一部ツイッターに書きなぐった文章と重なるけどちゃんと感想文を書いておくことにする。

愛がなんだ (ダ・ヴィンチ・ブックス)
愛がなんだ (ダ・ヴィンチ・ブックス)

『愛がなんだ』は28歳会社員のテルコがとある集まりで知り合った田中守通称マモちゃんに惚れぬいてでも都合のいい女におさまり続けていてマモちゃんには他に好きな女ができて…という話。
テルコは生活というか生命活動の中心がマモちゃん一色になってしまって大人としてどうかと思うような行動をしてしかしそれは自覚してるけど直すつもりはなくて、他人に指摘されようとも絶対に変えることはない。
本当に本当にどうしようもないんだけど、この主人公と私自身は実は紙一重かもしれなくて、かなり微妙な針の触れ幅で自分がそっちに行ってしまう可能性なんて存分にあるように思えてきて、自分がこうならないと信じて彼女の行動を批判するなんてどうしてできようかと思う。
そう考えると恐ろしいものがある。
現に一人の人間のことが頭にこびりついてひとときも取れなくて自分はどうかしているなと思うことがあるからだ。

好きとか執着とか純粋とかわからないけど湧いて出る感情というのはたしかにあって、他人から見たらひどく滑稽だったり常軌を逸してたりするんだけどそんなのどうでもいい、気にもならないと自然に感じているときの状態こそ我々が普段社会生活の中で押し込められてるものの正体だと思う。
皆そういう部分を理性で無意識に圧し殺して生きている。
一生発症しないから気が付かないという人が殆どだと思うけど。

こんなことしたらかっこ悪いとか思ってるうちはまだまだ尻が青いんだなーと思った。
テルコのように本来好きとか嫌いとかに恥や外聞は介入してこないものなのだ。
でもそれも度を越すとテルコのように相手や周りの人にけっこう迷惑をかける。
そこの調節機能がもうバカになっているというか機能としてついてないのがテルコという人間だ。

ただまあ、テルコがやってる事っていうのは私が思うに恋愛ではない。
別にうまくもないけど頭の中に浮かんだイメージとしてツイッターにも書いたんだけど、こうおにぎりを握るように徐々に形を整えて相手との関係を作り上げていく過程のことを恋愛と言うのなら、テルコのそれは米も具もぐっちゃぐちゃに相手に投げつける感じ。

テルコの男バージョンとも言える登場人物がいて、その男はテルコの友達に片思いをしてるんだけど、やがてそれをあきらめようとする。

P208 ナカハラくんはおそらく、交際もできないのに葉子を好きでいること、好きでいて、あれこれと彼女の欲求を満たしてやることに疲れたのでは、けっしてないだろうと思った。たぶん、自分自身に怖じ気づいたんだろう。自分のなかの、彼女を好きだと思う気持ち、何かしてあげたいという願望、一緒にいたいという執着、そのそべてに果てがないことに気づいて、こわくなったんだろう。

また、物語の終盤ではこう締めくくっている。

P217 マモちゃんの恋人ならばよかった。(略)いつか終わる片恋ならよかった。いっそストーカーと分類されればよかった。幾度も私はそう思ったけれど、私はそのどれでもなくどれにもなり得ず、そうして、私とマモちゃんの関係は言葉にならない。(略)だったらどこにもサンプルのない関係を私がつくっていくしかない。

こうしてテルコはマモちゃんとの関係を終わりにできない。終わりとかハナからないのだ。
テルコの人生が急に終わらないのと同じように、それに付随したこれも終わる終わらないの話ではない。
「愛」と一言で片づけられたら、恋人とか片思いとか言うように形や名前を与えてしまったらどんなに楽か、そのあまりの複雑さ、説明できなさが『愛がなんだ』という一言に集約されているのだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(本)

tag: 書籍 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/502-01b1302d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)