monokoyomi

もてない人間の雑記帳・ゆるく断捨離中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

和牛が声をあてているaudible版『セトウツミ』がすごくいい  

いやもうタイトルの通りの話なんですけど、amazonがやっている定額朗読配信サービス?のaudibleにセトウツミの朗読版があることを知り、1ヶ月無料体験を申し込んだ。
もう去年映画を見てからセトウツミブームがすごい。

無料体験は最初にクレジット番号を登録させられて、1ヶ月後に解除を忘れたら月額の1,500円を即座に持って行かれるシステムになっている。
ダウンロードしたいものを予めパソコン上から自分の「ライブラリ」に入れることはできるが、再生はアプリからのみ。
保存されないようにパソコンでは聞かせてもらえないのかも。

『セトウツミ』は原作が1巻~6巻まで出ているのだが、驚くべきことにそのすべてがaudible化されている。
声を担当しているのは2016年のM-1グランプリ決勝での活躍も記憶に新しいお笑いコンビ・和牛の二人。
瀬戸役がツッコミの川西さん、内海役がボケの水田さんだ。
これが見事なはまり役で、キャスティングした人を讃えたい。
セトウツミはどちらかと言うと内海がツッコミっぽいけどそこが和牛とひっくり返っているのも面白い。
アホだけど人のよさそうな瀬戸と、冷静に変なこと言ったりする内海がまんま和牛で、さすがコンビなだけあってテンポも間合いも素晴らしい。
セトウツミは普通の会話が延々続く漫画なので、変に演技に力をこめるとわざとらしくなる。
なので演技が本業ではない和牛が声をあてているのが本当に聞いててちょうどよく、心地よい。声も聞き取りやすいし。
いや多分水田さんはドラマ願望あるってラジオで言ってたし、川西さんも漫才の女の子役が妙にうまいので本当に演技しようと思ったらある程度できるんだろうけど、セトウツミくらいのほぼ普段の和牛の感じがかえってハマりまくっている。
瀬戸と内海以外の登場人物は声優さんかその道のプロが声を担当してると思うんだけど、和牛があまりにも自然体なのでギャップでちょっと大げさだなと思うくらいだ。

まあ正直和牛好きで色々見たり聞いたりしまくっているので今更音声を聞いて瀬戸と内海に脳内変換できないんだけど、(内海はとくに水田さんの声に特徴があるので水田さんの顔がどうしても浮かんでくる)漫才をずっと聞いているようで楽しい。
漫画を読みながら聞くとようやっと瀬戸と内海に感じてくる。
たまたま「水田」という名前が出てきたり、瀬戸が実際の川西さんの出身地である河内弁でまくし立ててそれを内海に突っ込まれるシーンがあったり、和牛を知っているとちょっとニヤリとするような箇所もある。

ところで、朗読現場の写真がネットに載っていたので見たら、漫画をそのまま拡大コピーしたようなものを読んでいた様子なんだけど、紙をめくる音とか雑音は編集で消してるのかなとか、会話の流れを保つためにひとつづきで録ってNG出たらまた最初からなのか、はたまたNGのところからなのかとか、いろんなことが気になってくる。
朗読はアニメのアフレコとまた違った趣があって味わい深い。
アニメほどテンション高くないのでどんな気分のときも聞ける。
もしこれがアニメ化されたとして、方向性を誤って「どや!オモロイ事言ってるやろ!」ってテンションになってしまったらさぶいし作品のよさが損なわれる。そのギリギリを狙って成功しているのがこのaudible版セトウツミなのである!!
私今この世で一番このコンテンツについて熱く語っているのではないか。

この一連のことを誰かと話したいのだが今のところ共有できる人はいない。
そもそも関東に和牛を知っている人が少ない。おととしもM-1出てたしその前のTHE MANZAIにも出てるのに。
去年のM-1で急激に認知された感があるのでこのまま関東でも見る機会が増えるといい。
関連記事
スポンサーサイト

category: 読んだ(漫画)

tag: お笑い   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seigerecht.blog.fc2.com/tb.php/516-7ddfb820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。